..
....
聯合ニュース
中央日報
マスコミ
朝鮮日報
これがNHKご推奨の悍ましい中国
経 済
為 替
マーケット
財経新聞
東洋経済
ちゃんねる
NEWS速報
NewsIndex6 どこまで解明できるか、南京大虐殺の捏造!?の実態解明に挑む 2014,12.15〜
ヴェストファーレン条約
....................
 旧home PAGE
また韓国政府は国策で幼少から日本貶め工作のための歴史教育や捏造工作をしており、有ろうことかVANKもこれら韓国政府の国策の日本貶め工作組織です。その事実を2チャンネルで衝き、韓国や韓国人を小バカにし続けると投稿者の契約するネットまでアクセス規制を行い投稿禁止にする
売国糞掲示板が2ちゃんねる
です。またテレビ同様に韓国に乗っ取られ、韓国の捏造宣伝工作部門化した
糞掲示板
(2ちゃんねる)です
2ちゃんねるVANKや韓国系反日要員のものと思われる反日投稿やレスが異常に多いサイトです。
日本人や日本メディアに成りすまし、スレ立てや投稿で自虐意識まで持たせようと、日本人の意識に浸潤して懐柔しようとしたり、インド・台湾・マレーシアなどの日本の友好国との間に不審を生みかねないレス投稿で日本の国際的立場を貶めようとしています。そのためバランスを取るため媚を売るように日本のマスゴミが発信しないような情報も多くまた早く、見受けられる。
日本の近代年表
NewsIndex6 どこまで解明できるか、南京大虐殺の捏造!?の実態解明に挑む
中国は支那と呼ばれるのを何で嫌うのか?
日本人はなぜ日本のことを知らないのか
神楽坂会議
オールロマンス事件
文化デジタルライブラリー
仮名手本忠臣蔵
ロイター
時事通信
朝日新聞
日経新聞
毎日新聞
産経新聞
読売新聞
共同通信
bloomberg
韓国併合で知っては
ならない歴史1
史実を世界に発信する会
南京虐殺は最初アメリカが製作した ミラー
 
歴史考証ー歴史入門サイトー3(世界史・日本史・近代史)へつづく
真実の中国史
真実の満州史
昭和天皇の弟君・三笠宮崇仁親王は、南京事件に関してこんなことを読売新聞で述べていたが・・
日中歴史共同研究
外務省
誰が「南京大虐殺」を
捏造したか
反日左翼の砦
日本の戦争責任資料センター
読書メーター
日本の戦後の歴史問題として、しばしば隣国である韓国や中国やその震源地となった国内の親韓・親中の反日勢力などから、戦前の慰安婦問題や南京大虐殺を指摘されて、これにNHKや朝日新聞・毎日新聞などのマスコミが加わり、慰安婦の強制連行を日本軍が行ったとするような、河野談話まで圧力で出してしまい、なにかと苦しい立場に追い込まれてきた日本政府ですが、「河野談話」を堺に、2010年以降、中国と韓国系反日団体が中心となった、慰安婦碑や慰安婦像及び、漫画まで使った日本を貶める行為が米国内やフランス、オーストラリアなどに及び、「これはいかん」と私も含めネットなどでやっと多くの国内外の憂国の方々が韓国や中国系団体の卑劣な反日行為に立ち上がり、その実態の拡散と対応に努めてきており、米国内では、慰安婦像(像に併設や独立して設置した日本を貶める碑文が問題化)を撤去するよう求める訴訟が米国内の日本人などによって起こされています。

最近では、朝日新聞が慰安婦の強制連行の真実のように30年近く報道してきた誤りをやっと認めて、朝日新聞社長は辞任しましたが、海外向けには捏造報道への謝罪はいまだに為されていません。

このような状況で、やっともう一つの日本を貶める南京大逆殺の捏造の解明に差し向ける余力が、私も含め、憂国の志士達がその力を南京大逆殺の捏造の解明に更に振り向ける時が来たようですが、こんどは南シナ海や、尖閣諸島で虎視眈々と領海の拡張を図る中国が、米国内やユネスコという場で、慰安婦問題や南京大虐殺の捏造に本腰を入れ始め日本を陥れようとして来ています。2015/12/15現在
水間政憲】南京大虐殺陥落!本多勝一、写真捏造を認める![桜H26/9/18]

2015/03/22 稲田朋美・自民党政調会長 「慰安婦の次はぜひ『百人斬り報道』の訂正を
 
 
百人斬り競争 >南京攻略戦の時、日本軍将校2人が日本刀で、中国人を百人斬る競争をしたという。  賢者の説得力より 
       
「最後のサムライ」を見殺しにした毎日新聞!(百人斬り訴訟を支援する会の広報)  会員の頁より
2004/03/23〜「百人斬り」は事実無根〜(産経新聞)   百人斬り訴訟を支援する会の会員の頁より              
南京大虐殺のもう一つの象徴、百人斬り報道を検証
関連ニュースなど
南京大虐殺記念館は社会党田辺誠が造った H19.1.29
カナダのトロント市が、2012年12月13日に南京大虐殺75周年を宣言しました。
25万人以上の民間人が虐殺されたというとんでもない内容です。
中国系市議の働きかけによるもので、このような政治活動によって、南京で大虐殺という?が、真実性を帯び、広まることを私達カナダ在住日本人は見過すことは出来ません。
日本の名誉の為に、我々の子供たちの為に、この捏造歴史に日本人として反対の声をあげるため署名運動を始めました。
宣言撤回を求める署名運動に皆様にも御協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 日本の名誉を護る在カナダ邦人の会 

 代表はすみ 都志子
 連絡先  hasumitoshiko@gmail.com
 請願提出者 藤原太一

      署名はこちらから
          http://goo.gl/SWLcb
 署名方法はこちらから
 http://nadesiko-action.org/?page_id=3428
         
     
なでしこアクション
日本応援の署名運動
  *イリノイ州 下院 慰安婦決議へ
  抗議のメッセージを送ろう!
カナダ トロント
南京記念日宣言
撤回署名
ご協力お願いします!
2016/01/13 自虐史観検証プロジェクト 第1回は「通州事件」 13日にニコニコ動画で  zakzak
自虐史観検証プロジェクト・日本の心を大切にする党
阿修羅
newsindex6001009.jpg
囲碁将棋チェス
映画・音楽・芸能
デイリースポーツ
nikkansports
「南京事件」の探求
資料から捏造までの歴史の真実を解明する
 
戦争責任ドットコム 
史実を世界に発信する会
南京事件「証拠写真」を検証する
一般には知られていないが、南京虐殺が言われ始めたのは東京と南京で行なわれた戦争裁判からだったため、北村氏は裁判で判決書がどのような資料と証言によって作成されたかを逐一調査した。
     その結果は・・・(阿修羅投稿より)
南京事件を検証した日本「南京」学会会長の東中野氏の検証写真集です。
--------------------------------------
脱洗脳史講座 総目次
 
(1)  「大虐殺派」から「なかった派」まで
(2)  蘆溝橋事件から南京攻略まで
(3)  南京・東京裁判判決と判決を支える根拠
(4)  中国主張「30万人説」の根拠
(5)  欧米人が伝えた殺害数 (その1〜3 )
(6)  「なかった派」の主張 (その1〜2 )
(7)  殺害数の上限を知るために (その1〜3 )
(8)  「大虐殺派」の主張 (その1〜2)
(9)  主要な事件 (その1〜4)
(10)  ま と め
 
--------------------------------------
 ゆうのページ より
南京事件−日中戦争 小さな資料集
南京事件 関連サイト
「南京事件」の探求
英訳版
newsindex6001003.jpg
     
 
南京の虚構を暴く・・チャンネル桜、土曜桜・_ (b)   
南京戦はあったが、南京大逆殺はなかった
 
・・・・・・・・南京の真実国民運動・・・・・・・・
緊急拡散希望《本多勝一氏が『週刊新潮』に「南京大虐殺」派が使っていた象徴的写真を捏造写 
 真と認めました》     ・・・・・・・・・水間政憲ブログより
南京事件1937年12月(中国と日本の左翼は南京大虐殺とも言う)の時代背景
記事はウィキペディアにリンクしています。
 
* 済南事件     1928年5月03日 北伐の蒋介石率いる中国革命軍と山東出兵の日本軍との間の戦闘及
                                   び、中国国民革命軍の日本人襲撃略奪陵辱暴行殺人事件
* 盧溝橋事件   1937年7月07日  日中戦争の先駆けとなる。 
* 通州事件    1937年7月29日 冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が日本軍の通州守備隊・通
                  州特務機関及び日本人居留民を襲撃した猟奇&虐殺事件[
* 第二次上海事変 1937年8月13日〜中華民国軍の「日本租界」[注釈 1][注釈 2]への攻撃とそれに続く日本
                  の反撃。
* 中ソ不可侵条約 1937年8月31日 日中戦争第二次上海事変により日中戦争が全面戦争として勃発し
                 た直後の1937年8月21日、中華民国ソビエト連邦の間で調印。ソ連  
                 はソ連は直ちに飛行機四、五百機と操縦士および教官を送り込んだ
工事中です
上海南駅の赤ん坊   より
 
駅のプラットホームにいた、避難を待つ大勢の子供を軍の移動と見誤り爆撃した日本の飛行士
たちの誤爆だったが、結果この悲惨なできごとが、チャイナプレスから米国に渡り、大大的に
日本非難のため映画館で放映され、新聞でも報道され米国の参戦を招いた。
(この写真の以前の東中野修道教授の転用写真説は別の機会に検証します)