戻 る
現実味を帯びてきた2030年までの火星飛行&移住計画 ー1
2019年02月10日動き出す有人月基地計画 3年後にも建設開始、巨額費用が壁(産経新聞)

2018年12月22日 NASA火星探査機、地震計の設置に成功「科学目標の4分の3達成に必要な機器」(JIJI.COM)

2018年11月27日 火星無人探査機「インサイト」が着陸成功 地球の成り立ち探る NASA(産経新聞)

2018年10月25日 米計画の月を周回する宇宙基地、日本の負担は最大4200億円…JAXAが試算(10/24YOMIURIONLINE)

2018年10月15日 長い宇宙旅行は搭乗者の胃を破壊してガンを引き起こすことがNASAが関連する研究で明らかに(10/14Gigazin)

2018年10月11日 ボーイング社開発の米次世代大型ロケットSLSの開発遅れで、費用1兆円に(産経ニュース)
 

2018年10月04日 米ロッキード・マーチン社が、「月着陸船」構想を発表、

2018年09月26日 ニッポンの宇宙ベンチャー企業の「ispace」(東京)が月着陸船を21年に打ち上げへ  打ち上げロケットは米スペースX製を利用(産経フォット)

2018年09月19日  スタートトゥデイの前澤CEO、イーロン・マスク氏率いるスペースX社の最初の月旅行客に契約(ロイター)


2018年08月17日 【有人月面着陸】悲願の有人輸送、日本の技術力示す好機 「月面に日本人」期待(産経ニュース)

2018年08月17日 【有人月面着陸】日本初の有人月面着陸機 JAXAが構想 米アポロ以来60年ぶり(産経ニュース)

2018年08月16日 インドが2022年までに有人宇宙飛行を目指すことを発表、実現すれば世界で4カ国目(Gigazine)


2018年08月05日 NASA、民間宇宙船の飛行士9人発表 内5人はボーイングの「スターライナー」とスペースXの
              「ドラゴン」に分乗して、来年に試験飛行(日刊工業新聞)


2018年08月08日 官民合計で「宇宙ファンド」政投銀が検討、宇宙ベンチャー育成へ(産経ニュース)

2018年08月01日 平成39年頃に有人宇宙飛行ビジネスの構想・・ 九州工大発のベンチャーが、JAXA・IHI・川崎重工などと連携(産経ニュース)


2018年08月01日 JAXA、ロケットの再使用に向けて 打ち上げ実験を2019年春にも再開へ(財経新聞)

2018年07月28日 火星に「湖」=イタリア研究チーム、「液体の水」初確認-生命の痕跡探査活発化へ(7/26JIJI.COM)

2018年07月24日 宇宙旅行時代へ 米企業(アマゾン・ドット・コム)が ロケット打ち上げ試験飛行に成功(7/20NHKニュース)

2018年07月18日 2014年のマイナビニュースの記事より、新型ロケットと有人宇宙船の試験という二兎を追った初打ち上げ 第2回


2018年07月18日 2014年のマイナビニュースの記事より、インドの新型ロケット開発 GSLV Mk-IIIへ至る苦難の道 第1回

2018年07月17日 ゆっくり、しかし確実に進むインドの「有人宇宙飛行」計画(マイナビニュース)

2018年05月12日 米スペースX社が最新型ロケットで有人飛行のNASAの基準を通過、宇宙ステーションへの宇宙飛行士活用想定(JIJI.COM)

2018年05月03月 月のウサギに大量の氷眠る? 隕石分析で判明 人類居住へ高まる期待(5/3産経ニュース)

2018年03月29日 月の軌道近くに宇宙基地「ディープスペース・ゲートウェイ」を浮かべて火星を目指す、2030年までの
            探査計画をNASAが公表('17/4/07Gigazine)


2018年03月20日 日本独自の宇宙回収カプセル開発進む ISSの実験試料を迅速に研究者へ 有人船に応用も(3/18産経ニュース)


2018年03月02日 国際宇宙探査調整グループ(ISECG)が「国際宇宙探査ロードマップ」第三版を発表・・・・・・30年頃から
            月軌道ステーションから着陸船を下ろし地下空洞など40日探査(2/23朝日新聞)


2018年02月28日 米ベンチャー、民間初の宇宙ステーション 21年打ち上げ 外国の需要見込む(2/22毎日新聞)

2018年02月12日 アメリカ、国際宇宙ステーションの民営化を検討――シャトルの引退後NASAによる運営困難に(TCトピックス)



   新規ページです