二酸化炭素


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

タイトル 批判される石炭火力を推進し、自然エネルギーを目指す世界に逆行する日本の「電事連会長」   
投稿日 : 2019/12/14(Sat) 13:36:13
投稿者 かいけつ
参照先 https://www.sankei.com/economy/news/191213/ecn1912130035-n1.html
電事連会長、石炭火力「今後も活用」 脱炭素に「技術革新が不可欠」

 電力大手でつくる電気事業連合会(電事連)の勝野哲会長(中部電力社長)は13日の記者会見で、スペイン・マドリードで開催中の第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)で、石炭火力発電の利用を継続する方針の日本に批判が相次いでいることについて、「電力の安定供給の重要性から、今後も石炭火力を活用していく必要がある」と語った。

 勝野氏は「まずは令和12(2030)年の二酸化炭素(CO2)削減目標の達成が重要だ」とし、排出削減努力を続ける考えを示した。その上で、CO2排出が実質ゼロとなる脱炭素に向けた取り組みの重要性も指摘。CO2を排出しない水素を活用することに加え、CO2排出削減だけでなく、排出されたCO2を再利用したり、貯留したりといった「技術革新が欠かせず、いくつかのシナリオを持つように対応したい」と、多様な技術開発の必要性を強調した。

 また、政府が進める石炭火力発電のインフラ輸出については、新興国などの「低効率の石炭火力を日本の最新技術の高効率型に切り替えることで、地球全体での(温室効果ガス削減で)貢献になる」との認識を示した。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本サイト関連ニュース
日本に石炭火力廃止促す 国連報告書 温暖化「破壊的」警告  ・・進次郎環境相どう裁く?
https://gansokaiketu-jp.com/kaiw-forum2/Nisankatanso-Sakugen-kankyouhogo-kankyouihen-kokunaigai/wforum.cgi?mode=read&no=3&reno=no&oya=3&page=0#3














- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから入力済み(おなまえ、タイトル、メッセージ、参照先)を削除後、投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー

  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- WebForum -