福島第一原発事故後、9年目以降のニュース


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

タイトル 犬の世界にもアレの影響か・・“ブサかわ”人気「わさお」の妻が突然の死
投稿日 : 2019/05/06(Mon) 22:38:45
投稿者 かいけつ
参照先 https://www.fnn.jp/posts/00417237CX/201905061928_CX_CX
“ブサかわ”大人気「わさお」 妻「つばき」が突然の死

「ブサかわ犬」として人気者となった、秋田犬「わさお」。

いつも一緒だった妻の「つばき」が、天国へと旅立った。

不細工だけど、かわいい。

「ブサかわ」で、一世を風靡(ふうび)した秋田犬のわさお。

その妻・つばきが5日夕方、死んでいたことがわかった。6歳だった。

つばきは、犬小屋でぐったりして、息遣いが荒くなっている状態で見つかり、すぐに動物病院に運ばれたが、5日午後5時すぎ、息を引き取ったという。

心臓の発作による、突然死とみられる。

2012年生まれの秋田犬「つばき」。

2年後、わさおのもとに「嫁入り」し、夫婦仲よく、観光客を出迎えていた。

もともと迷い犬だった、わさおを保護し、飼い主となったのが、青森・鰺ケ沢町でイカ焼き店を営む菊谷節子さん。

店の看板犬として話題になると、2011年には、世界遺産活動の特別大使“犬”「ワンバサダー」に任命された。

映画では、女優の薬師丸ひろ子さんと共演し、銀幕デビューも果たした。

しかし、飼い主の菊谷さんが肺炎で入院すると、体の毛が抜け、やせ細り、寂しげな表情に。

菊谷さんの息子・菊谷さん忠光さん「わさおも悲しかったんでしょうね」、「顔つきがちょっと変わって、毛も本当に、地肌が見えるくらい」

そんなわさおには家族が必要という、菊谷さんの親心のもと、お見合いが行われ、つばきがやってきた。

わさおとつばきと、長年活動を共にしてきた、わさおプロジェクト・工藤健代表「ただ単に仲が良いというよりも、もちろん仲は良いんだけど、お互いを理解しあっているというか」、「ある意味親友だったり、仲間だったり、2匹で1組みたいな」

2017年11月、菊谷さんが亡くなった際には...。

わさおプロジェクト・工藤健代表「母さん(菊谷さん)が亡くなった時に、わさおがさみしそうにしてると、つばきが、ピトッと寄り添うようにひっついて支えているというか、そういう光景が、すごく思い出されます」、「つばきは、わさおのことをわかって寄り添っていたと思います」

お見合いからおよそ5年間、わさおに寄り添い支えてきた、つばき。

あまりに突然の別れに、わさおとわさおを知る人たちの間に悲しみが広がっている。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから入力済み(おなまえ、タイトル、メッセージ、参照先)を削除後、投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー

  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- WebForum -