実力も定かでない特定議員の名前を出し、ポスト安部を洗脳するマスコミ
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2] 「令和おじさん」にかこつけ、歪曲がプンプン匂うアンケートで実績のない小泉ジュニアを「次期首相」候補トップに持ち上げた産経の気持ち悪さ 投稿者:マスゴミ嫌い 投稿日:2019/04/13(Sat) 12:51  

【政界徒然草】「令和おじさん」菅氏の首相就任を求める支持層とは
https://www.sankei.com/premium/news/190412/prm1904120007-n2.html

平成に代わる新元号「令和(れいわ)」を発表した菅義偉(すが・よしひで)官房長官(70)の認知度が高まり、「ポスト安倍」候補に急浮上している。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が6、7両日に行った合同世論調査では、菅氏は次期首相候補として野田聖子衆院予算委員長(58)らを上回る支持を集め、一定の存在感を示した。調査を細かく分析すると、「令和おじさん」がどんな人たちに支持されているのかが見えてくる。

10〜40代の男性に人気

 今回の調査では、安倍晋三首相(64)の次の首相として誰がふさわしいと思うかを尋ね、候補として、自民党の石破茂元幹事長(62)▽加藤勝信総務会長(63)▽岸田文雄政調会長(61)▽小泉進次郎厚生労働部会長(37)▽河野太郎外相(56)▽菅氏▽野田氏▽茂木敏充経済再生担当相(63)▽立憲民主党の枝野幸男代表(54)▽国民民主党の玉木雄一郎代表(49)−の計10人を上げた。

 その結果、小泉氏がトップとなる25・9%の支持を集め、石破氏が20・7%と続いた。菅氏(5・8%)は、岸田氏(8・4%)に続く4位にランクイン。昨年10月の調査では2・7%で6位だったが、支持率を倍増させ、順位も上げた。

 自民党支持層に限っても、菅氏は9・4%の支持を集め、小泉氏(22・8%)、石破氏(18・6%)、岸田氏(13・9%)に次ぐ4位となった。

 さらに調査結果を性別・年齢別にみると、「ポスト安倍」に菅氏を望む声は女性より男性に多く、特に40代(14・4%)、30代(13・9%)、10〜20代(11・4%)の男性で人気が高かった。

「総裁連続4選」肯定層から支持集める

 加えて、菅氏の支持層で特徴的なのは、安倍首相の「自民党総裁連続4選」に肯定的な意見が多いことだ。

 調査では、総裁任期について定めた党則を現状の「連続3期まで」から「連続4期まで」に変更したうえで、現在3期目の安倍首相が続投することへの賛否もたずねた。

 回答者全体では「反対」が61・6%を占め、「賛成」の30・0%を大きく上回った。さらに「ポスト安倍」候補を選んだ回答者別に分析すると、菅氏の支持層だけ「賛成」(56・9%)が「反対」(41・4%)を上回り、残り9人の支持層は「反対」が多数を占めた。

 菅氏は平成24年の第2次安倍政権発足以降、一貫して官房長官を務め、安倍首相を支えてきた。在職日数は2000日を超え、森喜朗(81)、小泉純一郎(77)の両内閣で官房長官を務めた福田康夫元首相(82)を抜いて歴代最長となった。

安倍首相の連続4選を望む層に「菅首相」への待望論が強いのは、これまで安倍首相が敷いた政治路線の継続を求める声が多いからだとみられる。仮に党則を変えて安倍首相の「4選目」が実現したとしても、その先の「ポスト安倍」は安倍首相の政策を最も引き継ぐ人物であってほしいという願いでもある。

 首相の女房役にあたる官房長官は、総裁候補や派閥領袖級の大物が就く要職とされている。「平成おじさん」として知られる小渕恵三元首相も官房長官時代に新元号の発表役を務め、その後、首相に登り詰めた。「令和おじさん」となった菅氏に首相待望論が出るのも不思議ではない。

 二階俊博幹事長(80)も今月10日発売の月刊誌「文芸春秋」のインタビューで、菅氏について「この難しい時代に官房長官を立派にこなしている。素直に評価に値する。(総裁候補に)十分堪え得る人材だ」と述べ、ポスト安倍の有力候補と持ち上げた。

 新元号の発表を機に、にわかに再注目されている菅氏だが、本人は冷静さを保っている。菅氏は8日の記者会見で「(ポスト安倍を目指すことは)全く考えていない」と言い切った。安倍首相の総裁連続4選に関しても、3月の記者会見で「(現在の)党総裁としての任期は始まったばかり。一つ一つの政策課題にしっかり取り組んでいきたい」と述べるにとどめている。

 とはいえ、党内に抜きんでた「ポスト安倍」候補がいない現状では、菅氏に関心が集まるのは必至だ。今後の動きが注目される。

(政治部 豊田真由美)

https://www.sankei.com/premium/news/190412/prm1904120007-n2.html


[1] ポスト安倍に資金力首位は岸田氏は当然だろうが、七光りの小泉ジュニア氏が入る不思議 投稿者:マスゴミ嫌い 投稿日:2018/12/11(Tue) 22:42  

ポスト安倍、資金力首位は岸田氏=小泉氏、伸び率トップ
https://www.jiji.com/jc/article?g=pol&k=2018120700718

2017年の政治資金収支報告書で、安倍晋三首相の後継に取り沙汰される自民党国会議員6人の収入を比較すると、岸田文雄政調会長が1億8967万円でトップとなった。小泉進次郎厚生労働部会長は前年から大きく伸ばし、1億3358万円で2位に躍り出た。今年9月の党総裁選で首相と争った石破茂元幹事長は4位で1億476万円だった。

比較したのは、他に加藤勝信総務会長、野田聖子衆院予算委員長、河野太郎外相。「国会議員関係政治団体」として総務相や県選挙管理委員会に届け出がある団体の収入を合算した。
 岸田氏は大規模なパーティーを3回開くなど、パーティー収入だけで1億円を超えた。小泉氏は朝食会を中心にパーティーを11回開催し、5750万円を集めた。前年からの収入全体の伸び率は56.7%で、6人中最も高かった。(2018/12/07-17:13)


処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -