事件・犯罪(国際)
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[38] 独裁政治のアマドゥロ大統領派のベネズエラ最高裁が、命令でマドゥロ氏追い落としを狙う「暫定大統領」への捜査着手 投稿者:巨泉 投稿日:2019/01/30(Wed) 12:53  

「暫定大統領」捜査着手=最高裁命令、マドゥロ氏が圧力−ベネズエラ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019013000357&g=int

【サンパウロ時事】ベネズエラで反米左派のマドゥロ大統領と「暫定大統領」を名乗るグアイド国会議長の対立が深まる中、最高裁は29日、国の平和を乱したとしてグアイド氏への予備捜査着手を検察に命じた。同氏の出国禁止と資産凍結も決めた。サーブ検事総長の求めに応じた。

 マドゥロ氏が、国際世論の後押しを受けて同氏追い落としを図るグアイド氏に、自身の手足となっている司法機関を動かして圧力をかけた格好だ。

検事総長は記者会見で「グアイドはベネズエラへの攻撃を先導し、国の平和と経済、財産を損なった」と非難。これに対し、グアイド氏は「脅迫は今に始まったことではない。脅しや訴追を無視はしないが、われわれはここでできることを続ける」と述べ、国内にとどまり対決する姿勢を鮮明にした。(2019/01/30-09:57)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019013000357&g=int


[37] 中国漁船船長を逮捕 日本のEEZ内逃走 投稿者:巨泉 投稿日:2019/01/29(Tue) 12:48  

中国漁船船長を逮捕 日本のEEZ内逃走
https://www.sankei.com/affairs/news/190129/afr1901290003-n1.html

日本の排他的経済水域(EEZ)内で停船命令に従わず逃走したとして、宮古島海上保安部は28日、EEZ漁業法違反(立入検査忌避)の現行犯で、中国船籍の漁船「浙臨漁(せつりんりょう)12786」の船長、劉美●(=くさかんむりに写の与が木)(リュウ・メイロン)容疑者(38)を逮捕した。

 海保によると、27日午後2時半ごろ、沖縄本島南側の日本のEEZを航行する同船を海保の航空機が発見。同保安部の巡視船が同11時40分ごろ停船命令を出したが逃走した。


 漁船は、約14時間後の翌28日昼、宮古島(沖縄県宮古島市)の北約152キロの海上で停船したため、劉容疑者を逮捕した。

 同船はサンゴ漁の漁船とみられ、計8人の乗組員が乗船していた。海上保安官や漁船の乗組員にけがはなかった。

https://www.sankei.com/affairs/news/190129/afr1901290003-n1.html


[36] カワウソ密輸容疑で逮捕=男2人、タイから5匹−警視庁など 投稿者:巨泉 投稿日:2019/01/23(Wed) 14:31  

カワウソ密輸容疑で逮捕=男2人、タイから5匹−警視庁など
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012300669&g=soc

ワシントン条約で国際取引が規制されているコツメカワウソをタイから密輸しようとしたとして、警視庁生活環境課と東京税関は23日までに、関税法違反(無許可輸入未遂)容疑で、いずれも職業不詳の浜野椋也(24)=東京都葛飾区お花茶屋=、守田和仁(52)=住所不定=両容疑者を逮捕した。2人は容疑を認め、浜野容疑者は「報酬をもらうために密輸しようとした」などと供述しているという。

 逮捕容疑は昨年10月上旬、コツメカワウソ5匹をキャリーケースに隠し、タイから東京・羽田空港に密輸しようとした疑い。
 同課によると、税関検査で職員がキャリーケースを開けたところ、竹で編んだバッグの中にタオルと一緒に詰め込まれているコツメカワウソの子ども5匹を発見。2匹は既に死んでおり、別の2匹も1週間後に死んだという。

 コツメカワウソは近年、その愛くるしい姿からインターネットなどで人気が高まっているが、絶滅の恐れがあり、輸入には輸出国の許可が必要とされる。

 同課によると、タイでは1匹3万〜5万円ほどで不正に取引されているという。同課は密輸が組織的に行われた可能性もあるとみて、入手経路や転売ルートなどの解明を進める。(2019/01/23-12:28)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012300669&g=soc


[35] ゴーン被告、ルノー会長辞任の意向=仏紙報道、24日に取締役会 投稿者:巨泉 投稿日:2019/01/23(Wed) 14:15  

ゴーン被告、ルノー会長辞任の意向=仏紙報道、24日に取締役会
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012300625&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

【パリ時事】フランス紙レゼコー(電子版)は22日、同国自動車大手ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン被告がルノー取締役会の求めに応じ、辞任する意向だと報じた。ルノーは同日、取締役会を24日に開くと明らかにした。

【関連ニュース】日産自動車前会長 ゴーン被告

 現地メディアによると、取締役会はゴーン被告の後任人事を話し合う。会長にはタイヤ大手ミシュランCEOのジャンドミニク・スナール氏、CEOにはルノー副CEOのティエリー・ボロレ氏を指名するとみられている。
 レゼコーによると、ゴーン被告は弁護団を通じて辞表を提出する意向を表明した。「ルノーとアライアンス(提携)の障害にはなりたくない」と語っているという。ゴーン被告が退任時に受け取る報酬についても協議されているもようだ。(2019/01/23-11:51)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012300625&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


[34] ゴーンCEO交代を明言 ルノー会長代行 投稿者:巨泉 投稿日:2019/01/18(Fri) 22:52  

ゴーンCEO交代を明言 ルノー会長代行
https://mainichi.jp/articles/20190118/k00/00m/020/250000c

フランス自動車大手ルノーのフィリップ・ラゲイエット会長代行は、ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン被告の勾留長期化の見通しを受け「私たちは永続的な措置を取る責任がある」と述べ、ゴーン被告を交代させる考えを明言した。18日付のフィガロ紙がインタビューを報じた。

 交代の日程について「(手続きには)数日が必要だが、確定していない」と説明。ルノーは、指名・ガバナンス委員会の後任候補に関する勧告を受けてから、取締役会で決定すると述べるにとどめた。

 フランス政府がゴーン被告の交代を求めたことに関し「意見に同意する」とした。(共同)

https://mainichi.jp/articles/20190118/k00/00m/020/250000c


[33] 三菱と日産のオランダ統括会社での不正解明で、今後は日産とルノーの統括会社での不正解明に、日・ルの協力がカギ 投稿者:巨泉 投稿日:2019/01/18(Fri) 22:48  

オランダ統括会社の不正解明 日産とルノーの協力がカギ
https://mainichi.jp/articles/20190118/k00/00m/020/228000c

 三菱自動車が18日に公表した前会長、カルロス・ゴーン被告を巡る調査で、提携先の日産自動車と設立したオランダの統括会社が不正の舞台だったことが明らかになった。仏ルノーを含む3社連合の統括会社でも不透明な資金工作が判明しており、実態解明には、ルノーとの調査協力が不可欠となる。

 「我々も日産も純粋にシナジー(相乗効果)の追求をやっていた。率直に言って悲しい」。18日に東京都港区の三菱自動車本社で、調査結果について記者団の取材に応じた三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)は語った。

 調査では、2017年に日産と三菱自が協業によるシナジー創出を目的にオランダに設立した統括会社「日産・三菱BV」が前会長の不正に利用されていたことが判明。統合効果の対価として両社から統括会社に支払われた「サービスフィー(手数料)」が、前会長への約10億円に上る不正報酬の原資とされた。

 益子氏は、前会長を統括会社の取締役から解任する意向を表明した上で、「今回の問題とアライアンス(提携)は分けて考えるべきで、これがアライアンスに影響を与えることがあってはならない」と強調。今後も統括会社での活動を重視する考えを示した。

 日産と三菱自の統括会社での不正が解明されたことで、今後はルノーも含めた3社連合の統括会社「ルノー・日産BV(RNBV)」の不正を巡る調査に焦点が移る。

 日産の内部調査では、ゴーン前会長の承認で、RNBVからルノー副社長のムナ・セペリ氏に計50万ユーロ(約6200万円)の不透明な報酬が支払われていた疑いが浮上している。

 日産はルノーと共同で調査を進めたい考えだが、両社は資本関係や日産の会長人事などを巡り対立しており、関係改善がどこまで進むかが、実態解明のカギとなる。【松本尚也、柳沢亮】


https://mainichi.jp/articles/20190118/k00/00m/020/228000c


[32] 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求する方針=関係筋 投稿者:巨泉 投稿日:2019/01/16(Wed) 15:57  

日産、ゴーン前会長に損害賠償請求する方針=関係筋
https://jp.reuters.com/article/nissan-sue-ghosn-idJPKCN1P91UA

[東京 16日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)は、前会長のカルロス・ゴーン被告に対し、損害賠償を請求する方針だ。関係筋が15日明らかにした。同社は社内調査で、ゴーン前会長がグローバルに存在する複数の住居を無償で利用し、費用を日産に負担させていたほか、住居の改修費など会社の資金を私的に流用したケースを複数把握。ゴーン前会長が関与したとみられる不正の全容を解明したうえで、民事訴訟に踏み切る構えだ。

日産は2010年、新興企業への投資を目的としてオランダに子会社「ジーア・キャピタルB.V.」を設立したが、関係筋によると、実際はゴーン前会長が自身の報酬や住宅費用などを支払う目的に使っていた。

ゴーン前会長は日産の経費で東京、パリ、ブラジルのリオデジャネイロ、レバノンのベイルート、オランダのアムステルダムに住居を持っていたが、日産本社は東京を除く海外4カ所の賃料支払いについて、承知していなかったと説明している。

社内調査では、住居関連費用のほか、ブラジルのヨットクラブの会員権、自身の先祖からの故郷であるレバノンの大学への寄付金にも会社の資金を充てるなど「会社の私物化」が疑われるケースが複数、見つかった。

関係者は、ゴーン前会長の不正行為に関する調査範囲は「どんどん広がっている。もう少し整理されたところで(日産は)損害賠償を請求する」と話している。

別の関係筋の話では、日産の提携先である三菱自動車(7211.T)と折半出資でオランダに設立した統括会社「日産・三菱B.V.(NMBV)」から、ゴーン被告が18年に700万ユーロ(約8億7000万円)の報酬を受け取っていたことも社内調査で判明した。

NMBVの取締役にはゴーン前会長のほか、日産の西川廣人社長、三菱自の益子修会長兼CEO(最高経営責任者)の3人が就いているが、ゴーン前会長の報酬はこの取締役会に諮られておらず、日産はこの報酬に関しても損害賠償の対象として検討している。

損害賠償請求の方針や具体的な案件について、日産はコメントを控えた。

https://jp.reuters.com/article/nissan-sue-ghosn-idJPKCN1P91UA


[31] 東京地検、ゴーン容疑者を11日に起訴へ=関係筋 投稿者:かいけつ 投稿日:2019/01/14(Mon) 14:51  

東京地検、ゴーン容疑者を11日に起訴へ=関係筋
https://jp.reuters.com/article/nissan-ghosn-idJPKCN1P40E2

[東京 10日 ロイター] - 東京地検特捜部は、日産自動車(7201.T)前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)を勾留期限の11日に会社法違反(特別背任)の罪で起訴する方針。また、2015年度ー17年度の報酬を過少記載したとして金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪でも、ゴーン容疑者と前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)、法人としての日産を起訴する見込み。関係筋が10日明らかにした。

ゴーン容疑者の弁護団は、起訴された場合には即日、保釈を請求する意向を8日の記者会見で表明している。

特捜部は昨年11月19日、10年度ー14年度までの5年間の報酬について、有価証券報告書に約50億円少なく記載・提出したとして、ゴーン前会長とケリー前代表取締役を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕。12月10日に起訴した。

12月10日には、別の期間(15年度ー17年度)についても約40億円少なく記載・提出したとして同法違反の疑いで再逮捕していた。

東京地裁は12月20日、再逮捕容疑については勾留の延長を認めない決定を下し、特捜部は同月21日、特別背任の疑いでゴーン前会長の3度目の逮捕に踏み切っていた。

日産の広報担当者はコメントを控えている。

田実直美、白木真紀 編集:田巻一彦

https://jp.reuters.com/article/nissan-ghosn-idJPKCN1P40E2


[30] ポーランド当局、ファーウェイ幹部を逮捕 スパイ容疑 投稿者: 投稿日:2019/01/12(Sat) 13:04  

ポーランド当局、ファーウェイ幹部を逮捕 スパイ容疑
https://www.sankei.com/world/news/190111/wor1901110021-n1.html

【ベルリン=宮下日出男】ポーランド情報当局は11日、同国に対するスパイ活動を行っていた疑いで、中国人1人とポーランド人1人を逮捕したと明らかにした。ポーランドの国営テレビによると、中国人は中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の現地支店の幹部で、当局は2人が中国情報機関のために活動していたとみている。

 現地報道では、2人は8日に拘束された。華為の幹部は現地の販売担当責任者で、過去に現地の中国領事館で働いていたとも伝えられる。逮捕されたポーランド人はかつて同国の情報機関に所属し、最近はポーランドの通信会社に勤務。現地当局はすでに華為の事務所などを家宅捜索し、関連文書などを押収した。

2人は有罪の場合、最大10年の禁錮を科せられる。AP通信によると、中国大使館側は11日、ポーランド外務省担当者と面会し、説明を要請。大使館報道担当者は「公正な事件の取り扱いを求める」と述べた。

 華為をめぐっては、機密情報漏洩(ろうえい)の懸念から米国が製品の政府調達を禁止し、昨年12月には米国の要請でカナダが孟晩舟(もうばんしゅう)副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕。欧州でも欧州連合(EU)やチェコが華為製品の使用は治安上の脅威となると表明するなど警戒が強まっている。

https://www.sankei.com/world/news/190111/wor1901110021-n1.html


[29] ゴーン前会長 CEO予備費から中東2社に50億円支出か 投稿者: 投稿日:2019/01/10(Thu) 19:59  

ゴーン前会長 CEO予備費から中東2社に50億円支出か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190110/k10011773801000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が、サウジアラビア人の知人にCEO=最高経営責任者の予備費から16億円余りを不正に支出させたとして再逮捕された事件で、この予備費からは、ほかの知人が経営に関わるオマーンとレバノンの販売代理店にも合わせて50億円余りが支出されていたことが関係者への取材で分かりました。このうちオマーンの代理店の知人からはその後、前会長側に15億円余りが支払われていたということで、東京地検特捜部は、中東を舞台にした巨額の資金の流れを調べています。

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)は、私的な損失の信用保証に協力したサウジアラビアの実業家ハリド・ジュファリ氏の会社に、日産の子会社から16億円余りを不正に支出させたなどとして、特別背任の疑いが持たれています。

この16億円余りは、子会社の「中東日産会社」を通じてCEO=最高経営責任者の予備費から支出されていましたが、この予備費からは、ほかの知人が経営に関わるオマーンとレバノンの販売代理店にも合わせて50億円余りが支出されていたことが関係者への取材で分かりました。

支出されたのはオマーンの販売代理店におよそ35億円、レバノンの販売代理店におよそ17億円で、このうちオマーンの代理店の知人からはその後、前会長側に15億円余りが支払われていたということです。
東京地検特捜部は中東を舞台にした巨額の資金の流れを調べています。

一方、弁護士によりますと、ゴーン前会長はジュファリ氏への16億円余りについて「正当な報酬だった」としたうえで、ほかの2社への支出についても「成果を上げた代理店への正当な報奨金として長年かけて支払ったものだ。オマーンの知人から受け取った資金とは全く関係がない」などと説明しているということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190110/k10011773801000.html?utm_int=news_contents_news-main_002


[28] 自民、国連安保理に提起を=レーダー照射問題 投稿者: 投稿日:2019/01/08(Tue) 01:50  

自民、国連安保理に提起を=レーダー照射問題
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010700762&g=pol

自民党は7日、国防部会と安全保障調査会の合同会議を開き、海上自衛隊哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダー照射を受けた問題について協議した。出席者からは「防衛当局間の協議は打ち切り、国連安保理に提起すべきだ」などと厳しく対処するよう求める意見が相次いだ。


 会議後、安保調査会長の小野寺五典前防衛相は、韓国側が反論を目的に公開した映像について「あまりにも根拠がない」と指摘し、「韓国に強く抗議し、対外的にも明確に日本の主張を示していく必要がある」と記者団に語った。会議では、駐韓大使の一時帰国の検討や、軍事機密であるレーダーの波長データの公開を求める声も上がった。(2019/01/07-16:41)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010700762&g=pol


[27] ペーパー会社通じ資金流出か=億単位、ゴーン容疑者側に−日産調査で判明・東京地検 投稿者:かいけつ 投稿日:2019/01/01(Tue) 23:18  

ペーパー会社通じ資金流出か=億単位、ゴーン容疑者側に−日産調査で判明・東京地検
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018123100265&g=soc

日産自動車の資金が、海外のペーパーカンパニーを通じ、前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)や、同容疑者の親族側に流出していた疑いがあることが31日、関係者への取材で分かった。流出した資金は億単位に上るという。疑惑は日産側の調査で判明。東京地検特捜部も把握しており、日産から提供を受けた資料などを分析し、不明朗な資金の流れの解明を進めているもようだ。

 関係者によると、日産から億単位の資金が送金されたのは、海外にある複数の会社で、いずれも経営実体のないペーパーカンパニーだったとみられている。同容疑者の生まれ故郷ブラジルや、少年期を過ごしたレバノンなどに設立されていた。

 ペーパーカンパニーに流れた億単位の資金は本来、日産が支出する必要がなく、最終的にゴーン容疑者本人のほか、同容疑者の親族や親しい知人に渡っていた疑いがあるという。

 特捜部がゴーン容疑者を再逮捕した特別背任事件では、サウジアラビア人の知人側に渡った日産資金1470万ドル(現在のレートで約16億円)は、実態が伴わない「販売促進費」などの名目で送金されたとみられている。

 新たに浮上した日産資金の流出疑惑も、実態のない名目で送金されていた可能性があるが、送金先のペーパーカンパニーがあるレバノンなどでは、十分な捜査協力が得られる見込みは低い。このため、特捜部は慎重に裏付け捜査を進めているもようだ。

 ゴーン容疑者の日産「私物化」疑惑をめぐっては、これまで、オランダの子会社「ジーア」を通じた投資資金での海外不動産購入や、同容疑者の姉と実態のないアドバイザリー業務契約を結び、年約10万ドル(約1100万円)の日産経費が不正支出された疑いが指摘されている。

 東京地裁は31日、ゴーン容疑者の勾留期限を1月11日まで延長することを認める決定をした。特捜部は日産に私的損失を付け替え、サウジアラビア人の知人側に約16億円を流出させたなどとされる特別背任容疑の捜査を急ぐ。(2018/12/31-19:03)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018123100265&g=soc


[26] ルノー幹部、3社連合の統括会社から不透明報酬か???…年1600万円 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/29(Sat) 23:50  

ルノー幹部、不透明報酬か…年1600万円
https://www.yomiuri.co.jp/world/20181229-OYT1T50025.html?from=yartcl_outbrain1

【パリ=作田総輝】フランスのラジオ局フランス・アンフォは27日、仏自動車大手ルノーの経営陣が、オランダにある日産自動車などとの3社連合の実質的な統括会社を通じて、不透明な報酬を受け取っていたと報じた。幹部の1人は年最大13万ユーロ(約1600万円)の追加報酬を複数年、受け取っていたという。

報道によると、ルノーはこの報酬は合法としているが、ルノー労組は、この報酬が公表されていなかったとして、筆頭株主である仏政府に透明性の改善を求める書簡を送った。

 統括会社を巡っては、仏レゼコー紙が、日産前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の高額報酬の公表を避けるため、側近らがゴーン被告の意向を踏まえ、この会社を経由して報酬の一部を支払う方法を検討していた、と報じていた。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20181229-OYT1T50025.html?from=yartcl_outbrain1


[25] 日産はトラブル把握せず=ゴーン容疑者、虚偽説明か−特別背任事件・東京地検 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/28(Fri) 11:32  

日産はトラブル把握せず=ゴーン容疑者、虚偽説明か−特別背任事件・東京地検
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122501982&g=soc

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が日産資金を不正支出したなどとされる特別背任事件で、同容疑者が主張する「日産が中東で抱えたトラブル」が、実際には存在しなかった疑いがあることが25日、関係者への取材で分かった。

同容疑者は、知人のサウジアラビア人実業家への1470万ドル(現在のレートで約16億円)の送金について、「トラブル解決の対価」などと説明しているが、日産側は該当するトラブルを把握していなかったという。


 東京地検特捜部は、ゴーン容疑者の説明は虚偽で、約16億円の送金は、同容疑者が多額の評価損を抱えた私的な取引をめぐる協力の見返りだったとみて捜査しているもようだ。

 特捜部の調べによると、2008年、ゴーン容疑者の資産管理会社が新生銀行と契約したデリバティブ(金融派生商品)の為替スワップ取引で約18億5000万円の評価損が発生。同容疑者は同年10月、契約を日産に移転したが、証券取引等監視委員会から問題視され、翌年2月、資産管理会社に戻したとされる。

 サウジアラビア人実業家は、契約を戻す際、新生銀行から要求されていた担保不足の解消に協力したとされ、約16億円は契約を戻した後の09年6月〜12年3月、4回に分け、日産子会社から実業家が経営する会社口座に振り込まれた。

 関係者によると、ゴーン容疑者は約16億円について、「日産が中東最大の営業拠点とトラブルになり、実業家が解決した。ロビー活動費も含めた支払いだ」などと説明。「実業家が日産のために尽力したことは日産も知っている」とも主張しているが、日産側は特捜部に対し、トラブルを把握していないと説明しているという。

 ゴーン容疑者と実業家は30年来のつきあいがあったとみられ、特捜部は2人の関係についても解明を急いでいる。
 日産広報部は「捜査に関わる事実関係はお答えできない」と話している。(2018/12/25-17:47)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122501982&g=soc


[24] ルノー幹部に不透明報酬=労組、政府の介入要請−仏ラジオ報道 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/28(Fri) 11:29  

ルノー幹部に不透明報酬=労組、政府の介入要請−仏ラジオ報道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122702849&g=int

【パリ時事】フランスの公共ラジオ、フランス・アンフォは27日、仏自動車大手ルノーの経営陣が、オランダにある同社と日産自動車、三菱自動車の3社連合の統括会社から不透明な報酬を受け取っていると報じた。ルノーの一部労組はルメール経済・財務相に書簡を送り、報酬の透明化に向けた政府による介入を求めたが、これまでに回答はないという。

【特集】「ゴーン」だけではない「強欲経営者」列伝

 フランス・アンフォが入手した資料によると、あるルノー幹部は複数年にわたり、最大13万ユーロ(約1600万円)の追加報酬を受け取っていた。これらの報酬はルノー内で報告されておらず、労組は暫定トップを務めるボロレ副最高経営責任者(CEO)に対しても書面で懸念を伝えた。(2018/12/27-22:29)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122702849&g=int


[23] 損失数千万円を日産が支払うも、ゴーン容疑者「自分が負担」と否認 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/27(Thu) 09:38  

損失数千万円、日産が支払い カルロス・ゴーン容疑者「自分が負担」
https://www.sankei.com/affairs/news/181226/afr1812260056-n2.html

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとして再逮捕された特別背任事件で、付け替えた契約で発生した数千万円の損失を日産が支払っていたことが26日、関係者への取材で分かった。ゴーン容疑者は「日産が支払った資金は自分が負担したので、日産に実損は生じていない」と供述している。

 ゴーン容疑者は平成20年10月、日本円で受け取っていた日産の報酬をドルに換えるため「スワップ取引」と呼ばれる通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引を自身の資産管理会社と新生銀行との間で契約。ところが、リーマン・ショックによる円高で評価損が急速に拡大し、銀行側から巨額の追加担保を求められたため、約18億5千万円の評価損を含んだ契約を日産に付け替えたとされる。

関係者によると、ゴーン容疑者は20年10月末から翌21年2月末までの約4カ月間、契約を日産に付け替えていたが、1月末ごろ、為替相場の変動で数千万円の損失が出たため契約当事者の日産が支払ったという。

ゴーン容疑者はこの前後に自己資金を日産に入金して損失分を精算したと主張。特捜部の調べに対し「一時的に会社の信用力を借りただけで最初から契約を戻すつもりだった。実損は与えていない」などと供述し容疑を否認している。

 ゴーン容疑者は契約を資産管理会社に戻す際、信用保証に協力したサウジアラビア人の知人が経営する会社に21〜24年、日産子会社から1470万ドル(現在のレートで約16億円)を入金させた疑いもある。これについても、ゴーン容疑者は「投資に関する王族へのロビー活動や現地の有力販売店とのトラブル解決などへの報酬だった」とし、容疑を否認している。

https://www.sankei.com/affairs/news/181226/afr1812260056-n2.html


[22] 東京地検の準抗告が退けられ、グレゴリー・ケリー被告を保釈へ・・ ケリー被告「法廷で無実明らかに」 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/25(Tue) 23:42  

グレゴリー・ケリー被告保釈・・「法廷で無実明らかに」
https://this.kiji.is/450168663210214497?c=39546741839462401

 東京地裁は25日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴された日産自動車の前代表取締役グレゴリー・ケリー被告(62)の保釈を認める決定をした。保釈保証金は7千万円で、即日納付された。東京地検は決定を不服として準抗告したが、地裁は棄却。25日夜に東京拘置所から保釈された。

 ケリー被告は、弁護人を通じ「虚偽記載は一切やっていない。私が無実であることは法廷の場で明らかにされるだろう。名誉が回復されて、一刻も早く家族のもとへ帰りたい」とのコメントを出した。

https://this.kiji.is/450168663210214497?c=39546741839462401


[21] 政府庁舎を狙った首都テロで死者43人に・・・米軍縮小報道後も治安懸念=−アフガン 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/25(Tue) 23:27  

米軍縮小報道後も治安懸念=首都テロ死者43人に−アフガン
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122502130&g=int

【ニューデリー時事】アフガニスタンでは、駐留米軍の大幅な縮小の可能性が報じられる中、改善の兆しが見えない治安情勢に懸念が高まっている。24日には警備が厳重なはずの首都カブールで政府庁舎を狙ったテロ事件が発生、少なくとも43人が死亡し、27人が負傷した。

 24日のテロ事件では、政府庁舎内に武装集団5人が侵入し、治安部隊と激しい銃撃戦を繰り広げた。犯行声明は出ていないが、反政府勢力タリバンなどはこれまで、政府施設を標的とした攻撃を繰り返している。(2018/12/25-19:25)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122502130&g=int


[20] 日産:ゴーン被告らと「接触禁止」日産全従業員に指示 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/25(Tue) 23:14  

ゴーン被告らと「接触禁止」日産全従業員に指示
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181225-OYT1T50127.html?from=ytop_ylist

日産自動車の前代表取締役グレッグ・ケリー被告が25日、保釈された。前会長のカルロス・ゴーン被告の最側近だが、その活動実態は社内でもほとんど知られていなかった。日産は全従業員にゴーン、ケリー両被告との接触禁止を指示し、影響力の排除を進める考えだ。

 日産は24日付の「従業員のみなさまへ」と題する全世界の従業員あてのメールで、両被告やその関係者との接触禁止を指示した。両被告とも、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で起訴されたためだ。会社資金の私的利用など過去の不正行為で日産の内部調査の対象にもなっている。西川さいかわ広人社長は25日夜、メールについて「社員に動揺を与えないため」と記者団に話した。

 ケリー被告は11月下旬の臨時取締役会で、ゴーン被告とともに代表権を解かれた。日産は重大な法令違反があったとして、両被告を次の株主総会で取締役から外す議案を提示する方針だ。日産幹部は25日、「保釈されても対応は変わらない」と淡々と述べた。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181225-OYT1T50127.html?from=ytop_ylist


[19] ゴーン容疑者日産から二重取りか:日産に負わせた私的損失を、日産から管理会社に戻す付け替えで再逮捕・・懇意の銀行幹部が指示か 「付け替え」担当者難色 特捜部、経緯捜査 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/22(Sat) 16:10  

懇意の銀行幹部が指示か 「付け替え」担当者難色 ゴーン前会長投資損失 特捜部、経緯捜査
https://www.sankei.com/affairs/news/181222/afr1812220015-n1.html

2008年のリーマン・ショックで生じた私的な投資の損失を日産自動車に付け替えたとして、会社法違反(特別背任)の疑いで前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が再逮捕された事件で、ゴーン容疑者と懇意にしていた新生銀行の外国人幹部(当時)が内部で付け替えを指示していたとみられることが22日、関係者への取材で分かった。新生銀の担当者は難色を示していたといい、東京地検特捜部が詳しい経緯を調べている。

 新生銀は「個別の取引に関することは答えない」としている。

関係者によると、オランダにあるゴーン容疑者の資産管理会社は新生銀との間でデリバティブ(金融派生商品)の一種「スワップ取引」を契約。リーマン・ショックで損失が発生し、担保としていた債券の時価が下がり、担保不足に陥った。

 新生銀側は担保の追加を求めたが、日産の代表取締役兼最高経営責任者(CEO)だったゴーン容疑者は、損失を含む権利を日産に移すことを提案。担当者は会社法違反に当たる恐れがあるとして反対したが、幹部の指示で約18億5千万円の損失が付け替えられたという。

 ゴーン容疑者は、損失を日産に負わせたほかにも、新生銀との契約者を日産から資産管理会社に戻した際、信用保証に協力したサウジアラビア人の知人の会社に現金1470万ドル(現在のレートで約16億3千万円)を日産の子会社から入金させた疑いがあるとして再逮捕された。

 ゴーン容疑者は特捜部の調べに、損失の付け替えを認めた上で、日産側に実損が出ておらず、特別背任罪には当たらないとの趣旨の供述をしている。知人の会社への入金も認め、この会社に日産関連の業務委託料を子会社から送金したと説明しているという。

https://www.sankei.com/affairs/news/181222/afr1812220015-n1.html


[18] ゴーン前会長を再逮捕=特別背任容疑、日産に損失転嫁か−「私物化」解明へ・地検 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/21(Fri) 17:01  

ゴーン前会長を再逮捕=特別背任容疑、日産に損失転嫁か−「私物化」解明へ・地検
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122105122&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が自己の資産管理会社の損失を日産に付け替えるなどしたとして、東京地検特捜部は21日、会社法違反(特別背任)容疑で、ゴーン容疑者を再逮捕した。同容疑者の逮捕は3度目。関係者によると、容疑を否認しているとみられる。


 ゴーン容疑者をめぐる事件は、巨額の役員報酬隠しから、日産の「私物化」疑惑の解明に移る。

 逮捕容疑は、日産の代表取締役兼最高経営責任者(CEO)として忠実に職務を行う任務を負っていたのに、自己の資産管理会社が銀行と締結したスワップ契約で多額の評価損が生じると、自己の利益を図る目的で、2008年10月、契約を日産に移転。評価損約18億5000万円などを負担する義務を日産に負わせた疑い。

また、契約を日産から資産管理会社に戻す際、尽力した協力者が経営する会社口座に、09年6月〜12年3月の4回、日産子会社の預金口座から計1470万ドル(現在の相場で約16億3400万円相当)を振り込ませた疑い。

 会社法の特別背任罪の公訴時効は7年だが、仏自動車大手ルノーの会長兼CEOでもあるゴーン容疑者は海外生活が長く、時効は成立していないとみられる。

 関係者によると、損失はリーマン・ショックによるもので、当時、契約移転を把握した証券取引等監視委員会が銀行側に、契約移転は違法の恐れがあり、銀行も加担した状態になるなどと指摘した。ゴーン容疑者は周囲に「指摘を受け、移転をやめた」などと話し、日産への損失転嫁を否定していた。

 特捜部は先月19日に10〜14年度の役員報酬を有価証券報告書に虚偽記載したとして、ゴーン容疑者らを金融商品取引法違反容疑で逮捕。今月10日、17年度までの直近3年分の報酬も隠した容疑で再逮捕した。特捜部は20日までだった勾留期限の延長を東京地裁に請求したが、地裁が認めず、近く保釈される可能性が出ていた。(2018/12/21-16:24)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122105122&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


[17] ゴーン容疑者の勾留延長認めない決定への準抗告も棄却  投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/20(Thu) 23:56  

ゴーン容疑者の勾留延長認めない決定への準抗告も棄却 
https://www.sankei.com/affairs/news/181220/afr1812200047-n1.html

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件で、東京地裁は20日夜、ゴーン容疑者と側近で前代表取締役のグレゴリー・ケリー容疑者(62)の勾留延長を認めない決定に対する東京地検特捜部の準抗告も棄却した。

 弁護側は21日にも保釈請求する方針で、両容疑者は近く保釈される可能性がある。

 両容疑者は共謀し、平成27〜29年度のゴーン容疑者の報酬を約42億円過少に有価証券報告書に記載したとして金融商品取引法違反容疑で12月10日に再逮捕された。22〜26年度分については計約48億円過少に記載したとして起訴されている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181220-OYT1T50154.html?from=ytop_main2


[16] 東京地裁がゴーン氏の勾留延長却下、「驚くべき展開だ」…仏メディア 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/20(Thu) 23:23  

勾留延長却下、「驚くべき展開だ」…仏メディア
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181220-OYT1T50154.html?from=ytop_main2

【パリ=作田総輝】東京地裁が日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の勾留延長を却下したことについて、フランスメディアは20日、日本での報道を引用して一斉に速報した。

AFP通信は「ゴーン被告が保釈金を支払って、21日にも保釈される可能性がある」と伝えた。一方で日本人弁護士の話を交え、「2回の逮捕で問われている容疑事実が払拭ふっしょくされるわけではない。3回目の逮捕の可能性も残っている」と詳報した。

 経済紙レゼコーは、「容易に認められる勾留延長が却下された」と日本の司法制度を解説し、「驚くべき展開だ」と強調した。

 フィガロ紙は、ゴーン被告がルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)の職にとどまっていることに言及し、「ルノーは既に後任を探している」と報道した。ゴーン被告が保釈されても、新体制への移行を進めるルノーの方針に変更はないとの見方を示した。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181220-OYT1T50154.html?from=ytop_main2


[15] 東京地検、ゴーン容疑者勾留延長却下で準抗告 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/20(Thu) 20:06  

東京地検、ゴーン容疑者勾留延長却下で準抗告
https://www.sankei.com/affairs/news/181220/afr1812200033-n1.html

東京地検特捜部は20日、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)と前代表取締役グレゴリー・ケリー容疑者(62)の勾留延長を却下した東京地裁の決定を不服として、準抗告した。

 準抗告を受けて地裁は、申し立てを認めるかどうかを判断。準抗告が退けられても、検察側は最高裁に特別抗告することができる。

https://www.sankei.com/affairs/news/181220/afr1812200033-n1.html


[14] ゴーン容疑者側が書類搬出 リオのマンションから 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/16(Sun) 10:31  

ゴーン容疑者側が書類搬出 リオのマンションから
https://www.sankei.com/world/news/181215/wor1812150015-n1.html

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が日産側に提供させていたブラジル・リオデジャネイロのマンションから、容疑者家族の代理人らが13日夜、裁判所職員立ち会いの下で書類を持ち出していたことが分かった。日産が14日、明らかにした。

 地元裁判所が今月、容疑者側に個人所有物の持ち出しを認める仮処分を出していた。日産側は書類が個人の所有物ではない可能性があるとして反発、法的対応を検討している。

 日産によると、立ち会いを認められた同社関係者が二つのプラスチック製フォルダーに入った書類の内容の確認を求めたが、裁判所に却下された。書類の表紙には、日産のロゴなどが確認できたという。

https://www.sankei.com/world/news/181215/wor1812150015-n1.html


[13] 日産自、ゴーン容疑者姉を「不当利益」で訴え 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/14(Fri) 01:48  

日産自、ゴーン容疑者姉を「不当利益」で訴え
https://jp.reuters.com/article/nissan-ghosn-brazil-idJPL3N1YI4G5

[サンパウロ 13日 ロイター] - 日産自動車は13日、リオデジャネイロ裁判所において、前会長カルロス・ゴーン容疑者の姉を「不当利益」で訴えた。ロイターが裁判記録を入手した。

同訴訟に関する詳細は現時点で入手できていない。


読売新聞は11月、匿名の関係者の話として、日産自がゴーン容疑者の姉に対し、2002年から年間で約10万ドルを支払っていたと報じていた。報酬はアドバイザー業務の契約に基づくものという。


同裁判記録によると、ゴーン容疑者の姉は日産自がゴーン容疑者のために購入したリオデジャネイロの住宅に住み、管理していたほか、日産自へのアドバイザリー業務を行っていなかったという。

ゴーン容疑者一族の代表者からのコメントは現時点で得られていない。

https://jp.reuters.com/article/nissan-ghosn-brazil-idJPL3N1YI4G5


[12] リオの高級マンション、ゴーン被告側の入室許可 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/14(Fri) 01:17  

リオの高級マンション、ゴーン被告側の入室許可
https://www.yomiuri.co.jp/world/20181213-OYT1T50043.html?from=ytop_ylist

【リオデジャネイロ=田口直樹】日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が、会社から自宅として提供を受けていたブラジル・リオデジャネイロの高級マンションを巡り、リオデジャネイロ州の裁判所は12日、ゴーン被告側の立ち入りと個人所有物の回収を認める決定を公表した。

 決定では、ゴーン被告と親族は裁判所の職員2人が同行すれば、マンションの部屋に入って個人所有物を引き取ることができる。ただ、部屋から引き取った物と部屋に残した物のリストを作成しなければならないとしている。

 ゴーン被告の逮捕後、マンションの部屋からは金庫三つが見つかった。日産側は「不正に取得した資産の一部が保管されている可能性がある」として、部屋の鍵を取り換えてゴーン被告の関係者が入室できないようにした。

 一方、ゴーン被告の親族は個人資産だとしてマンションの部屋への立ち入りを求めて裁判所に仮処分を申請した。6日にいったん仮処分が認められたが、日産側の異議申し立てにより8日に一時停止されていた。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20181213-OYT1T50043.html?from=ytop_ylist


[11] ゴーン容疑者、日産株主総会の決議無視=直近報酬、上限超え−東京地検 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/13(Thu) 10:46  

ゴーン容疑者、日産株主総会の決議無視=直近報酬、上限超え−東京地検
tps://www.jiji.com/jc/article?k=2018121200726&g=soc


日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が巨額の役員報酬を隠したとされる事件で、同容疑者が2016〜17年度、株主総会で決議された役員報酬総額の上限を無視し、自身の報酬額を決めた疑いがあることが12日、関係者への取材で分かった。

ゴーン容疑者は東京地検特捜部の調べに対し、「自分は20億円程度を受け取れる仕事をしている」などと供述。特捜部は決議を意に介さず報酬額を決めたとみて調べている。


 関係者によると、ゴーン容疑者には日産役員の報酬を決める権限があり、自身の報酬については、米自動車大手の最高経営責任者(CEO)の報酬と比較しつつ決定。直近2年間の16〜17年度は、いずれも24億円程度だったとされる。

 日産の株主総会では、年間の役員報酬額は取締役全員分の合計で「29億9000万円以内」と決議されていたが、実際はゴーン容疑者の報酬額が突出。両年度とも、この上限を超え、決議を無視した形になっていた疑いがあるという。

 特捜部の調べでは、両年度を含めた15年度以降3年間のゴーン容疑者の報酬は約71億7400万円に上る。この間の有価証券報告書に記載された報酬は「29億400万円」で、特捜部は差額約42億7000万円を隠したとみて捜査している。(2018/12/12-18:20)

tps://www.jiji.com/jc/article?k=2018121200726&g=soc


[10] 日産提供のリオのマンションから金庫見つかる・・・ 日産、ゴーン容疑者側の入室阻止へ 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/11(Tue) 23:10  

リオのマンションから金庫・・日産、ゴーン容疑者側の入室阻止
https://this.kiji.is/445026547834700897?c=39546741839462401

【リオデジャネイロ共同】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が日産側に提供させていたブラジル・リオデジャネイロのマンションから、金庫が三つ見つかっていたことが10日、現地の裁判書類で分かった。日産側は会社の金で不正に取得した資産が入っている可能性があるとして、ゴーン容疑者の関係者が取り戻しに入室しないようマンションの鍵を取り換えた。

 ゴーン容疑者側はこれに対し、マンションにある個人所有物の返還を求めて裁判所に仮処分を申請。今月6日にいったんは認められたが、日産側の異議申し立てにより10日に却下された。

https://this.kiji.is/445026547834700897?c=39546741839462401


[9] カナダ、中国のファーウェイCFOを逮捕 イラン制裁違反か 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/07(Fri) 09:38  

カナダ、中国のファーウェイCFOを逮捕 イラン制裁違反か
https://www.sankei.com/world/news/181206/wor1812060012-n1.html

【ワシントン=塩原永久】カナダ紙グローブ・アンド・メール(電子版)は5日、カナダ当局が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)を逮捕したと報じた。対イラン制裁に違反した容疑で、米当局が孟容疑者の拘束をカナダ政府に要請していたという。

 同紙によると、孟容疑者は華為で取締役会の副会長を兼任。華為の創業者の娘でもあるという。

 カナダ司法省の報道官は同紙に対して、「(孟容疑者が)12月1日にバンクーバーで逮捕された」と明らかにした上で、裁判所での審尋が7日に予定されていると話した。

米メディアは、米当局が孟容疑者の米国への引き渡しを求めていると伝えている。グローブ・アンド・メールによると、米ニューヨークの検察当局が華為の対イラン制裁違反について捜査を進めている。

 米政府はすでに、華為に加え、同じ中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)が「中国情報機関と関係がある」として、2社の製品を米政府機関が調達することを禁止した。

 オーストラリアやニュージーランドも、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの整備をめぐって、華為やZTEを参画させない決定をしている。

 中国と貿易問題で対立するトランプ政権は、対イラン制裁に違反したとしてZTEに対する米製品の輸出を一時禁止し、部品調達が途絶えたZTEが一部事業の停止などによって経営難に陥ったことがある。

hhttps://www.sankei.com/world/news/181206/wor1812060012-n1.html


[8] ゴーン氏の会長解任後の株主総会が今後の日・仏間での日産の在り方を決めるポイント 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/04(Tue) 09:55  

「これはひどい…」ゴーン容疑者“解任”取締役会の内幕
https://www.fnn.jp/posts/00391950HDK?obtp_src=FNNjp_AR_1

全会一致で決まったゴーン容疑者の会長解任。4時間にわたる取締役会の内幕が明らかになった。

22日、午後4時過ぎから始まった日産自動車の臨時取締役会。場所は横浜にある本社ビル内の会議室。

私物化の実態に「これはひどい」

複数の日産関係者によると出席した取締役はゴーン容疑者とケリー容疑者を除く7人。そのうちルノー出身の2人はフランスからテレビ会議で参加した。
取締役会は、ゴーン容疑者らの不正の実態に関する内部調査の結果説明から始まった。

その際、ルノー出身の2人は、「情報が十分にない。事実を教えてくれ」と強く主張。

これに対し、調査担当者は実際の帳簿類のコピーを示しながら不正の手口を細かく説明した。調査結果が示していた私物化の実態には異論を挟む余地がなく…「これはひどい。」

そして、4時間近くに及んだ会議終盤。ゴーン容疑者の会長解任などの提案について賛否を求められると…
「異議なし。」
ルノー出身の2人の取締役を含む全会一致でゴーン容疑者の会長職解任が決まった。


今回の取締役会について、自動車評論家の国沢光宏さんは「ルノー側は最初はゴーン容疑者の会長職解任に対して『待った』をかけようとしたようですけど、あまりにもやっていることが厳しかったので、了承せざるを得なかったということらしいです。ルノーの会長職解任も確実だと思います。」と語る。

後任の会長人事は、現在の取締役の中から提案

ゴーン容疑者が全幅の信頼を置いていた“ゴーンチルドレン”の1人西川広人社長は、取締役会を終えて「厳しい状況だが一歩、少し進んだかなというのが実感です。」と語った。

後任の会長人事については、今後現在の取締役の中から候補者を提案し、年内にも開かれる次の取締役会で決まる見通しだ。

揺れに揺れる日産の今後についてフジテレビ経済部の智田裕一解説委員は、「有価証券報告書という、企業が投資家に開示する重要な資料がウソだったということについては、ゴーン容疑者以外の経営陣にも責任があると言えます。
企業統治の立て直しに向け、この先の経営を誰がどう担っていくのか、日産は大きな課題を抱えています。」と指摘する。

ポイントは株主総会

倉田大誠キャスター:
日産が臨時取締役会でゴーン容疑者を会長職から解任して単なる取締役とし、次期会長は現在の取締役の中から選出するとしました。ポイントはどこでしょうか。

反町理キャスター:
ゴーン、ケリー両容疑者がいない取締役会を舞台に日産はルノーの影響をどれくらい薄い新体制を作れるか。ポイントは株主総会です。

元東京地検特捜部の若狭弁護士によりますと、「日産側は株主総会で両容疑者を取締役からも外す提案をするだろうが、43%以上の株を持つルノーは2人を外すと同時に新たにルノー系の新取締役2名の選出を求めるだろう」としています。

「そうなると、取締役の選任・解任が可能な株主総会の緊張感が一気に高まります。なぜならば、取締役会の構成が会長人事や会社の大方針を決めることになるからですが、ルノーによる日産の持ち株比率は43%を超えています。過半数を得るためには多数派獲得競争が展開される可能性が出てきます」と若狭弁護士は指摘します。

日仏両国政府の思惑も絡んでこの問題は大変難しい局面に差し掛かっています。

https://www.fnn.jp/posts/00391950HDK?obtp_src=FNNjp_AR_1


[7] ゴーン容疑者報酬年々増…不記載9年で95億円 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/04(Tue) 07:57  

ゴーン容疑者報酬年々増…不記載9年で95億円
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181203-OYT1T50094.html?from=ytop_main3

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の役員報酬を巡る有価証券報告書の虚偽記載事件で、2009年3月期以降のゴーン容疑者の報酬の詳細が関係者の話で判明した。

報告書の不記載分を含めると、実際の報酬はほぼ毎年右肩上がりに増額されており、不記載分は、役員報酬の個別開示制度が始まった10年3月期から直近の18年3月期までの9年間で、計約95億円に膨らんでいた疑いがある。

 報酬の詳細は、ゴーン容疑者の指示で前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)らが作成した「覚書」などに記されていたという。東京地検特捜部も同様の内容を把握しており、ゴーン容疑者が自らの報酬を詳細に決めながら、その一部を意図的に報告書に記載しなかったとみて調べている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181203-OYT1T50094.html?from=ytop_main3


[6] パリのデモで破壊、放火・・ 400人超拘束、過激派も 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/03(Mon) 11:00  

パリのデモで破壊、放火・・400人超拘束、過激派も
https://this.kiji.is/441762898908759137?c=39546741839462401

【パリ共同】フランスで1日行われた燃料税引き上げなどに抗議するデモは、パリで破壊行為や放火、略奪が相次ぐ極めて異常な事態となった。同国メディアによると、警察当局は2日、パリでの拘束者は412人、負傷者は警官23人を含む133人に上ったと発表した。政府は「過激派」がデモに乗じて暴力行為を繰り広げたと非難した。内務省によると1日のデモ参加者は全国で約13万6千人。

 マクロン大統領は1日、訪問先のアルゼンチンでの記者会見で「暴力は決して受け入れられない」として犯人らの刑事責任を追及すると強調した。

https://this.kiji.is/441762898908759137?c=39546741839462401


[5] ゴーン前会長の退任後報酬、別の複数名目に隠蔽計画か 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/02(Sun) 12:16  

ゴーン前会長の退任後報酬、別の複数名目に隠蔽計画か
https://www.asahi.com/articles/ASLD15S01LD1UTIL016.html?iref=comtop_list_nat_n02

 日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン容疑者(64)が巨額の役員報酬を有価証券報告書に記載しなかったとして逮捕された事件で、隠したとされる報酬を退任後に受け取る際、決算書に別の複数の名目で計上することを計画していた疑いがあることが、関係者への取材でわかった。東京地検特捜部は、退任後の受け取り分を役員報酬と分からないようにする隠蔽(いんぺい)工作とみている模様だ。

関係者によると、ゴーン前会長は約20億円の年間報酬のうち、約10億円はその年に受け取って開示し、残る約10億円の受領は退任後に繰り延べると明記した合意文書を、日産側と毎年、交わしていた。繰り延べ分は、金融商品取引法違反の逮捕容疑となった2010〜14年度分に、15〜17年度分も加えた8年では約90億円にのぼるとみられる。

だが、繰り延べ分は、損益計算書、貸借対照表などの財務諸表に未払い報酬や引当金として計上しておらず、経理部門や監査法人は気づけなかったという。

 これを退任後に受け取る際は、財務諸表に計上する必要がある。関係者によると、ゴーン前会長への支出を役員報酬の繰り延べだと分からなくするため、コンサルタント料や、競合他社への再就職を禁止する契約料といった、別の複数の名目で紛れ込ませることを計画していたという。

 特捜部は、こうした支払い計画…

https://www.asahi.com/articles/ASLD15S01LD1UTIL016.html?iref=comtop_list_nat_n02


[4] ゴーン容疑者の報酬覚書にゴーン氏のサイン・・・最側近幹部が個人で保管 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/12/01(Sat) 12:41  

ゴーン容疑者の報酬覚書、最側近幹部が個人で保管
https://www.sankei.com/affairs/news/181130/afr1811300038-n1.html

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件で、ゴーン容疑者が退任後に受け取る報酬額を記した覚書は、ゴーン容疑者の最側近の幹部社員が個人で保管していたことが30日、関係者への取材で分かった。

覚書は複数の種類があり、ゴーン容疑者のサインがあったほか、幹部社員がサインしたものもあったという。この幹部社員は東京地検特捜部との司法取引に応じ、自身の刑事処分の減免と引き換えに、覚書を証拠提出したもようだ。

https://www.sankei.com/affairs/news/181130/afr1811300038-n1.html


[3] 合意書面に「20億円」明記・・ ゴーン前会長の退任後報酬 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/11/30(Fri) 22:30  

合意書面に「20億円」明記・・ゴーン前会長の退任後報酬
https://this.kiji.is/441161402105054305?c=39546741839462401

金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が年ごとに、自身の報酬は総額年約20億円で、うち10億円程度を退任後に受け取るなどと、日産側との合意文書に明記していたとみられることが30日、関係者への取材で分かった。作成日も記されていることから、東京地検特捜部は、退任後の報酬支払いも書面作成時に確定し、報告書への記載義務が生じたとみて作成経緯を調べている。

 東京地裁は30日、ゴーン容疑者と側近の前代表取締役グレゴリー・ケリー容疑者(62)の勾留を12月10日まで10日間延長する決定をした。

https://this.kiji.is/441161402105054305?c=39546741839462401


[2] ゴーン氏指導?の日産、有価証券報告書への虚偽記載容疑・・・退任後報酬の書面に作成日 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/11/30(Fri) 22:06  

日産、退任後報酬の書面に作成日・・特捜部、将来の支払い確定と判断
https://this.kiji.is/440815446687401057?c=39546741839462401

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)=有価証券報告書の虚偽記載容疑で逮捕=が退任後、報酬の一部を受け取ることに日産側が合意したとされる書面に、作成日が記されていたことが29日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、作成時点で将来の支払いが確定したと判断。報告書への記載義務が生じた根拠の一つとみて調べている。

 ゴーン容疑者と前代表取締役グレゴリー・ケリー容疑者(62)=同容疑で逮捕=の勾留期限は30日。特捜部は全容解明にはさらに時間が必要として東京地裁に延長を請求する方針で、いずれも12月10日まで勾留される可能性がある。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011712381000.html?utm_int=news_contents_news-main_006


[1] サウジ記者殺害 検察が5人に死刑求刑 皇太子関与は否定 投稿者:かいけつ 投稿日:2018/11/15(Thu) 23:43  

サウジ記者殺害 検察が5人に死刑求刑 皇太子関与は否定
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011712381000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

2018年11月15日 22時03分

サウジアラビアの検察当局は、ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコにある総領事館で殺害された事件について、カショギ氏は薬を投与されたあと死亡し、遺体は切断されたとする捜査結果を公表しました。そのうえで、事件で中心的な役割を果たした5人に死刑を求刑したものの、ムハンマド皇太子の関与については、否定しました。

サウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏が先月、トルコにあるサウジアラビア総領事館で殺害された事件についてサウジアラビアの検察当局は15日、これまでに逮捕された21人の容疑者のうち11人を起訴し、このうち中心的な役割を果たした5人に対して死刑を求刑したことを明らかにしました。

そのうえでカショギ氏の殺害の経緯について、総領事館の中で拘束のため薬を打たれたあと死亡し、遺体は切断されて現地の協力者に渡されたと説明しました。

一方、取り沙汰されてきたムハンマド皇太子の関与については、否定しました。

トルコ外相「一部満足できない」
サウジアラビアの検察当局の発表について、トルコのチャウシュオール外相は「発表の一部は満足できるものではない」と不満を示しました。

具体的には、発表でカショギ氏は本国へ帰るのを拒否したから殺害されたとしている点について「殺害は事前に計画され、遺体の切断のため、あらかじめ道具も運び込んでいたではないか」と指摘しました。

そのうえで、チャウシュオール外相は、本当に犯行を指示した人物を追及するよう改めて求めました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011712381000.html?utm_int=news_contents_news-main_006


処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -