Tweet はてなブックマークに追加 
伊達・大滝で390キロの巨大ヒグマを駆除

伊達市大滝区上野町で今月初旬、体長約2メートル、体重約390キロの雄のヒグマ駆除された。猟友会伊達支部大滝部会の橋本強志さん(67)は「47年間猟友会にいるが、これほど太ったクマは初めて」と驚いている。







 橋本さんらによると、11月ごろから区内三階滝、上野、円山、昭園でクマの足跡が複数見つかっており、地元猟友会がパトロール強化していた。

 今月4日昼に徳舜瞥山麓公園キャンプ場から約1・5キロ上がった付近で、クマの足跡を追った橋本さんが約3メートル先のササの中で起き上がったクマを発見。警戒しながら移動し、目の前に飛び出してきたところを仕留めたという。クマは6~7歳の成獣だった。

 旭川市旭山動物園もうじゅう館職員・大西敏文さんによると、エゾヒグマの平均体重は250キロほどで、大きくても300キロ。「(体重390キロは)かなり大きい。規格外ですね」と話していた。
【写真=伊達市大滝区で4日に駆除された体重約390キロのヒグマ(伊達市大滝総合支所提供)
北海道の伊達市大滝で390キロの巨大ヒグマを駆除
戻  る
Newsソース 共同ニュース
2016/12/08  より