はてなブックマークに追加 Tweet
「天守閣は耐震不足で危険」…名古屋城に看板


名古屋城管理する名古屋市は18日、天守閣震度6強地震倒壊崩壊する危険性が高いとして、注意を呼びかける看板を城内3か所に設置した。





 ただ、立ち入り禁止は「名古屋観光への影響が大きい」という理由で見送っており、入るか入らないか、判断を委ねられた格好の観光客からは困惑する声が上がる。

 「びっくりした。ちょっと、入るのをためらっちゃう」。18日午前、母親と訪れた埼玉県狭山市の女性(43)は、「耐震性能不足」「緊急地震速報発表時や地震発生時には、スタッフの指示に従い避難を」などと書かれた看板を見て苦笑した。

 市によると、建物の耐震性を示す「Is値」は、金のシャチホコが載る天守閣最上階で0・14。戦災焼失、1959年にコンクリート造再建された際に展望窓を広く取ったため、必要な0・6を大きく下回った。
戻  る
名古屋市は危険な管理者責任のある「名古屋城」への入場を観光客の判断に任すようないい加減な
お役所仕事はやめて、即刻、城へは「全面立ち入り禁止」にすべき
記事ソース YOMIURIONLINE
2016/10/18 より