Tweet はてなブックマークに追加
北海道・釧路沖のシャチ発見数、大幅減


海水温の高さなど影響か

 釧路沖で鯨類の調査を行う、さかまた組(室蘭、笹森琴絵代表)などの今季の調査(10月18日~11月8日)が終了した。食物連鎖の頂点に立つシャチの発見数が前年比86%減の19頭にとどまり、笹森代表(53)は「海水温高さえさの少なさが影響しているのでは。今後もデータを積み重ねていきたい」と話している。

 笹森代表は2003年から釧路沖での調査を開始。これまで12種類の鯨類を確認している。

 今季は期間中、笹森代表が同乗し、調査を12回実施。釧路市民向けツアーやJTB北海道の企画で一般市民を乗せたほか、釧路教育大の学生や釧路市立博物館の学芸員も調査に同行した。






えさとなるイルカやクジラ減少も


 調査では釧路港から半径32キロ以内の海域で7種類が確認され、延べ発見数はシャチ19頭(前年135頭)、イシイルカ67頭(同136頭)と減ったほか、カマイルカ15頭(前年確認されず)、ネズミイルカ3頭(前年14頭)、マッコウクジラ2頭(同5頭)、ザトウクジラ6頭(同5頭)、ミンククジラ1頭(前年確認されず)だった。

 笹森代表は調査初日の表面水温が例年より2~3度高い16度だったことを指摘し、「えさの関係でイルカなどが少なく、海洋生物の食物連鎖の頂点にいてクジラやイルカもえさにするシャチも減ったのでは」とみる。

 釧路沖のシャチについては16年度に出版された開隆堂出版(東京)の中学1年生向け英語教科書に取り上げられるなど、全国からの注目も高まっており、笹森代表は「今後も釧路の豊かな海の魅力を広く知らせていきたい」と話している。(伊藤美穂)

北海道新聞社
笹森琴絵代表や釧路教育大の学生らによる釧路沖での鯨類調査=11月7日(金本綾子撮影)
青空の下、悠々と泳ぐシャチ=11月7日
戻  る
北海道・釧路沖のシャチ発見数、大幅減 ・・・ 海水温の高さなど影響か
ふつうは福島による海の汚染を疑うんだがさすがニッポンのマスコミ
NEWSソース  どうしん Web
2016/011/17  より