75歳で9キロもダイエットした「中村玉緒」の身体に起きていること


 何しろ、破天荒を貫いた名優・勝新太郎である。の巨額の借金大麻事件での逮捕、ガン闘病と、身の細る思いは嫌というほど経験してきただろう。そんな“耐える女”中村玉緒(75)にとって、人生初のダイエットなど造作もないことだったようだ。しかし、とうに古希を過ぎたお身体に差し障りはない?

 ***

 その変貌ぶりには、20年来の付き合いという俳優川崎麻世も目を丸くした。

「今年の初めに、1年半ぶりにお会いしたんですが、見違えるほどほっそりしていましたね。あの年齢で痩せると、どうしても病気を心配してしまいますが、玉緒さんは肌つやも良くて元気そう。僕が“10キロくらい痩せました?”と聞いたら、“9キロですわ、グフフフフッ”と笑っていましたよ」

 玉緒節は健在のようだが、それにしても、マイナス9キロである。メタボリック症候群と宣告され、ダイエットに励む向きには羨ましい限りだろう。

 彼女を一念発起させたのは、研ナオコのCMで知られる“プチシルマ”の製造販売元・株式会社レダの加畑雅之会長のひと言だった。一昨年、彼女は同社のイメージキャラクターに就任したのだが、

「契約直前に大相撲に招待したところ、その様子がテレビで流れたんですね。後になって映像をご覧になった玉緒さんは、“私、太ったかしら……。お相撲さんみたいで恥ずかしいわ~”。確かに、その頃はふっくらされていたので、私からダイエットを勧めました」

 ちなみに、加畑会長も100キロ台だった体重を70キロまで落としたダイエット強者である。

「私は暴飲暴食が祟って太りましたが、玉緒さんは舞台での仕事の影響だと思います。差し入れやお呼ばれが続く生活では、どうしても食べる機会が増えてしまう。ダイエット中は食事の量を減らして、ウォーキングに励んだそうです。玉緒さんは趣味パチンコに行くと、おにぎりだけで7、8時間は平気で打ち続ける方なので、食事制限も苦にならなかったと思います」(同)

■“痩せすぎ”

 結果、60キロ近かった体重は2年半弱で40キロ台に。

 ご本人も「痩せてスッキリやわぁ!」とご満悦だそうだが、やはり気になるのは身体への影響だろう。

「身長156センチの中村さんが48キロまで減量すると、肥満指数BMIは19・7。これは明らかに“痩せすぎ”と言えます。統計的にはBMI25~30の小太り体型が最も長寿ですからね」

 そう苦言を呈するのは、日本ダイエット健康協会代表理事の古谷暢基氏である。

高齢者が痩せると血管が脆くなって動脈硬化が進みやすくなります。特に、女性骨密度が低く、骨粗鬆症気味の方も多い。ダイエットで筋肉量が減れば、転倒して寝たきりになるリスクも高まるのです」

 桜美林大学特任教授の柴田博氏も、

「中村さんの場合は60キロでも太りすぎではありません。極端な食事制限をすると、むしろ低栄養に陥って免疫力も低下します。高齢者が肉や魚、牛乳などの動物性タンパク質の摂取量を減らすことは死期を早めるだけです」

 玉緒サンの魅力は何よりあの福々しい笑顔。ダイエットで“美魔女”を目指す御歳でもあるまい。


「ワイド特集 魔女と淑女と悪女の冒険」より
週刊新潮
2015年5月7・14日ゴールデンウイーク特大号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
Tweet 
75歳で9キロもダイエットした「中村玉緒」の身体に起きていること
戻  る
記事ソース  デイリー新潮
2016年11月8日