生前退位「特例法で」が24%…国会議員アンケ


 読売新聞社が実施した国会議員アンケートでは、天皇陛下が生前退位意向示唆されたことへの対応についても質問した。




政府は今の天皇陛下の退位だけを可能にする特例法制定を軸に検討を進めているが、「特例法により、現在の天皇陛下のみ退位を可能にする」は24%だった。一方、国民の多くが支持する「皇室典範改正し、今後すべての天皇の退位を可能にする」も32%にとどまり、無回答が36%に上った。政府の動きや国民世論の動向を見極めて判断したいとの慎重姿勢がうかがえる。「摂政や臨時代行を見直し、公務の負担を軽減する」は7%、「特例法の提出や皇室典範の改正は必要はない」は1%だった。

 政党別にみると、自民党は特例法37%、典範改正16%。公明党は特例法18%、典範改正5%で、与党はいずれも特例法が上回った。一方、民進党は典範改正が60%で、特例法の5%を大きく上回った。
Tweet  
戻  る
 読売新聞よ、「生前退位」じゃなくて、「陛下のご退位」だろ ・・・ 宮内庁は皇室や国民を愚弄しつづけるマスゴミと読売新聞関係者は、皇居の記者クラブやご園遊会からは一切、締め出すべきだ ・・・ その読売新聞の報道NO-2
記事ソース YOMIURIONLINE
2016/11/03 より