生前退位 専門家の間で意見分かれる 慎重に検討へ


天皇陛下の生前退位などについて検討する政府有識者会議は、27日、ヒアリングを行う16人の専門家を決めました。生前退位を認めるかどうかや、法整備の在り方をめぐって、専門家の間で意見は分かれており、有識者会議では、聴取の内容も踏まえて、慎重に検討が進められる見通しです。





天皇陛下の生前退位などについて検討する政府の有識者会議は、27日の会合で、来月、3回に分けて、皇室制度や歴史、憲法などに詳しい学識経験者ら、合わせて16人の専門家からヒアリングを行うことを決めました。

これまでのNHKの取材に対し、ヒアリングに招かれる専門家からは、生前退位を認める場合の法整備の在り方について、「速やかに対応するため、今の天皇陛下に限って生前退位を認める『特別法』を制定すべきだ」という意見の一方、皇室の安定を考慮し、恒久的制度とする必要があるとして、皇室典範改正を求める指摘が出ています。

さらに、特別法を制定する場合でも、皇室典範の付則に生前退位を認める規定などを明記する必要があるという意見も出ています。
さらに、「生前退位は将来の即位の拒否にもつながりかねず、皇室制度の存立が危うくなる」などとして、公務を減らすなど、退位以外の方法で対応すべきだという意見も根強くあります。
有識者会議は年明けにも論点整理を公表し、国民世論動向などを見極め提言取りまとめるものと見られますが、生前退位を認めるかどうかや、法整備の在り方をめぐって、専門家の間で意見は分かれており、聴取の内容も踏まえて、慎重に検討が進められる見通しです。
Tweet  
戻  る
不敬極まる「生前退位」を平然と使い、皇室を軽んじ国民をも弄ぶマスゴミのNHK-その1
記事ソース NHKニュースWeb
2016/11/01 より