戻 る|
 ラグビー元日本代表監督、平尾誠二さんが死去53歳 すい臓がん?か
記事ソース YOMIURIONLINE
2016/10/20 より
ラグビー元日本代表監督、平尾誠二さんが死去

ラグビーの元日本代表監督で、日本ラグビー協会理事神戸製鋼ラグビー部ゼネラルマネジャー(GM)を務める平尾誠二(ひらお・せいじ)さんが20日、死去した。

 53歳だった。





激やせして別人のようになっていた(上下写真はネットより引用)




 京都市出身。中学からラグビーを始め、伏見工高(京都)では3年時、全国高校大会で優勝。同志社大では大学選手権史上初の3連覇に貢献。卒業後の1985年に英国留学し、86年に神戸製鋼に入社。主将を務めるなどチームを引っ張り、89年からの日本選手権7連覇に導いた。バックスとして、相手ディフェンスをぎりぎりまで引きつけ、鋭いステップで抜き去るプレーはファンをうならせ、ラグビー人気を引っ張り、「ミスター・ラグビー」と呼ばれた。

 日本代表の出場試合数は35。初代表は同志社大時代の19歳4か月で、ワールドカップ(W杯)には1987年の第1回大会から3大会連続で出場。97年には史上最年少で監督に就任し、2000年まで指揮を執った。

 最近は体調を崩し、グラウンドにも姿を見せず、療養を続けていた。

2016年10月20日 12時57分