大阪で差別問題次々 「韓国人暴行」…総領事館が注意呼び掛け

韓国人観光客らにわさび大盛りのすし提供、バス乗車券差別表現を印字、電車車掌が「外国人多数でご不便を」とアナウンス…。大阪市外国人絡みの差別問題が次々と明るみに出ている。ついには韓国人相手の暴行被害まで取り沙汰され、大阪の韓国総領事館が注意を呼び掛ける事態に発展した。ところが、会社側は「差別の意図はない」と口をそろえる。日本メディアの反応も鈍く、真正面から差別と向き合う姿勢に欠けている。 (安藤恭子、白名正和)
記事ソース 東京新聞web
2016/10/15
戻  る
警察も嫌がるようなこと細かいことを取り上げて首をつっこみ、日韓問題にさせたい思惑の韓国の言い分に乗り、
韓国人への差別を煽りたいマスコミの東京新聞が益々マスゴミ化してきた




Tweet