アジア大会「愛知・名古屋」 26年開催地に決定

【ダナン(ベトナム中部)=奥田哲平】アジア・オリンピック評議会(OCA)の総会が二十五日、当地であり、二〇二六年の夏季アジア競技大会が「愛知・名古屋」で開かれることが決まった。国内での開催は一九五八年の東京、九四年の広島以来、三十二年ぶり三回目となる。




 決定に先立ち、大会を共催する愛知県の大村秀章知事と名古屋市の河村たかし市長が大会構想を発表。国際競技の実績や充実した都市基盤、「ものづくり」の集積、戦後復興など、この地域の利点を強調した。他に立候補都市はなく、OCA委員らの拍手で「愛知・名古屋」が承認された。

 構想によると、会期は二六年九月十八日から十月三日の十六日間。愛知を中心に岐阜、静岡県を含めた五十一会場で三十六競技が繰り広げられる。

 大会経費は、運営経費四百四十億円、競技会場の仮設整備費百十億円、名古屋競馬場(名古屋市港区)の跡地に予定する選手村の仮設整備費三百億円の計八百五十億円と想定。入場料やスポンサー収入を差し引いた六百億円を、県が四百億円、市が二百億円の割合で負担する。

 大会の誘致は、大村知事が今年一月に打ち出し、河村市長も五月、共催に加わることを表明した。経費の負担割合を巡る駆け引きなどから、市が今月五日にいったん共催を白紙化する場面もあった。

 開催決定に、大村知事は「国際化を進める上で大きな意義がある。超えていかなければいけない課題は多い。今日がスタート」、河村市長は「主役は県民、市民。どえらい楽しい、子どもたちに喜んでもらえるような大会にしたい」と語った。
記事ソース 中日新聞web
2016/09/26 より
戻  る
アジア大会「愛知・名古屋」 26年開催地に決定 しかし、おめでたいようだが、
福島などの汚染地を捨て切れないバカなニッポン人のホウシャノウとの格闘は延々とつづく ・・・ 啞~啞