記事ソース 産経ニュース
2016/08/29 より
戻  る
 【台風10号】30日夕に東北上陸へ 予想24時間雨量500ミリ 8月1カ月分に相当 気象庁「災害起きるレベル」
大型で非常に強い台風10号は29日、関東地方の南方沖を北東へ進んだ。気象庁の同日の予報では今後、速度を速めながら進み、30日夕方にも東北地方へ上陸する恐れが高まった。東北地方では8月の1カ月分の雨量に相当する24時間500ミリの雨が予想され、気象庁は警戒を呼びかけている。





 同庁によると、台風10号は29日午前9時現在、八丈島の南南東約350キロ沖を北東へ時速25キロで進んだ。中心気圧945ヘクトパスカル、最大風速45メートルで、中心から最大150キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。 今後、台風10号は関東地方沖を回り込むように北上し、30日午前には千葉県銚子市沖に到達。これまでの予想より速度を速めながら北北西へ進路を変えて30日夕方ごろ東北地方に上陸、31日にかけて日本海へ抜ける見込み。

 30日正午までの24時間に予想される雨量は多い所で東北、関東甲信で200ミリ、北海道150ミリだが、31日正午まででは東北で最大500ミリ、北陸、北海道では最大200ミリに達する。東北地方では8月の1カ月平均雨量が約300ミリで、これを上回る恐れがある。同庁は「災害が起きる恐れのあるレベルの雨量になるので十分に注意してほしい」としている。