記事ソース 共同通信
2016/08/26 より
戻  る
 NHKとの受信契約の義務なしワンセグ携帯所有でさいたま地裁
NHK受信料契約義務なし
ワンセグ携帯所有でさいたま地裁


埼玉県朝霞市議の男性(40)が、ワンセグ付きの携帯電話を所有する人はNHK受信料の契約を結ぶ義務があるかどうかを争った訴訟で、さいたま地裁(大野和明裁判長)は26日、契約義務がないとの判断を示した。

 訴状などによると、男性は単身赴任生活で自宅にテレビがなく、ワンセグ付きの携帯電話を所有しているものの視聴はしていない。昨年8月、NHKに放送受信契約を締結する義務がないことを確認しようと担当部署に問い合わせたところ、視聴の目的がなくても持っているだけで締結義務があると説明された。