米グレンデール市の慰安婦像訴訟 日系NPOが米最高裁に上訴へ 「誤った認識と戦う」

米カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像をめぐる訴訟の原告で、「歴史の真実を求める世界連合会」代表を務める目良浩一氏が25日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見し、4日に州連邦高裁で像の撤去を求めた訴えが棄却されたことを受け、近く米連邦最高裁に上訴する意向を表明した。




 目良氏は、旧日本軍による女性の強制連行や慰安婦が「性奴隷」として扱われたとする韓国や中国の民間団体の主張は歴史的事実に反すると強調。その上で「この主張が根付けば、日本人は残酷で非人道的な人種とみなされる。日本人の名誉を深く傷つける重大な問題だ」と訴えた。

 また「裁判所の判事を含む多くの米国人が捏造された空論に感化されている」とも指摘。「慰安婦に対する人々の認識を正すには法的に訴えるのが最も適切な手段だ。われわれはこの誤った認識と戦うため最高裁に上訴する」と述べた。

 グレンデール市の慰安婦像撤去をめぐる訴訟は、目良氏が率いる原告団が平成26年2月に同市を相手取って起こしたが、「原告に訴訟を起こす資格がない」などとして棄却され、今年8月の控訴審判決でも原告の主張は退けられた。
戻  る
 米カリフォルニア州慰安婦像撤去訴訟で、一&二審での提訴棄却を受け、同じ心指しの日本の有志らも支援する
米グレンデール市の日系NPOが、米連邦最高裁に上訴へ
 
記事ソース 産経ニュース
2016/08/25 より