NEWSソース  産経ニュース
2016/08/24 
 
より
戻  る
<北朝鮮が潜水艦からSLBMを発射> 500キロ、日本の防空識別圏を80キロ飛行 
北がSLBMを発射 500キロ飛行、「事実上成功」と韓国メディア 米韓演習など牽制か

【ソウル=藤本欣也】韓国軍合同参謀本部は24日、北朝鮮が同日午前5時半(日本時間同)ごろ、東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)・新浦(シンポ)沖の日本海で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を1発発射したことを明らかにした。ミサイルは約500キロ飛行し、日本の防空識別圏内を約80キロ飛行し日本海に落下したという。合同参謀本部は「SLBMの技術に進展があった」と判断、聯合ニュースは「発射は事実上成功した」と報じた。





 SLBMの発射は4月23日と7月9日にも行われている。4月23日の発射では約30キロ飛行し空中爆発。7月9日の発射でも約10キロの上空で爆発し、数キロの飛行にとどまっていた。

 聯合ニュースによると、韓国軍はSLBMが300キロ以上飛行すれば、成功と判断しているという。

 韓国大統領府は24日午前、SLBMの発射を受けて国家安全保障会議を緊急招集して対応を協議した。

 北朝鮮は今月22日に韓国で始まった米韓合同指揮所演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」に強く反発しており、今回の発射は技術力の向上を図るとともに、米韓演習に対抗する狙いがあるとみられる。24日の東京での日中韓外相会談に合わせて発射した可能性もある。