記事ソース  YOMIURIONLINE
2016/08/22 より
22日午前0時過ぎ、新千歳発羽田行きのスカイマーク732便が離陸後、乗客が持っていたスマートフォンの充電バッテリーから煙が発生、新千歳空港に引き返した。

 機内では客室乗務員が消火器や水で消し止めた。乗客170人にけがはなかったが、客室乗務員2人が、飛び散ったバッテリーの液体で手に軽いやけどを負った。

 国土交通省新千歳空港事務所などによると、煙が出たのは離陸後間もなくで、旅客機は同日午前0時45分に新千歳空港に緊急着陸した。同事務所などで、バッテリーから煙が出た原因を調べている。
戻  る
 スマホ充電池から煙、スカイマーク機が緊急着陸