戻  る
10月打ち上げの大型ロケット H2B公開…こうのとり載せ宇宙へ
NEWSソース  YOMIURIONLINE)
2016/07/28 
 
より
三菱重工業は26日、国産大型ロケット「H2B」6号機の機体を同社飛島工場(愛知県飛島村)で公開した。





 10月1日午前2時16分頃、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ日本の無人補給船「こうのとり」6号機を載せて、鹿児島県の種子島たねがしま宇宙センターから打ち上げられる。

 公開されたのは、全長56・6メートルのH2Bのうち、第1段(長さ31メートル、直径5・2メートル)と第2段(長さ11メートル、直径4メートル)。30日に同工場から搬出し、8月1日に種子島宇宙センターに到着するという。H2Bによるこうのとりの打ち上げは、これまで5回連続で成功している。

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)によると、こうのとり6号機は日本製のリチウムイオン電池などをISSに届ける。ISSに長期滞在中の宇宙飛行士の大西卓哉さん(40)が、ロボットアームで同機を捕捉する可能性もある。