【舛添要一前都知事の辞職に伴う東京都知事選が、14日に告示される。ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は12日、都内で会見して立候補を表明。「住んでよし、働いてよし、環境によし。三つのよしをもつ東京都のために全力を捧げたい」と述べた。野党4党は鳥越氏を「統一候補」として支援する方針を決め、選挙戦の構図がほぼ固まった。投開票は31日。

特集:2016都知事選

 鳥越氏のほか、元防衛相で自民党の小池百合子氏(63)=衆院東京10区=、元総務相で岩手県知事を務めた増田寛也氏(64)、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(69)ら14人が会見で正式に立候補を表明している。

 民進、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちの野党4党は12日、幹事長・書記局長会談を開き、鳥越氏を推すことで一致した。参院選で共闘した野党4党の枠組みで、候補一本化をめざし調整を続けてきた。11日に民進都連が立候補を要請した元経済産業省官僚の古賀茂明氏(60)は、出馬を見送った。

 前回都知事選で共産党、社民党が推し、次点だった宇都宮氏は12日、鳥越氏と会談。鳥越氏と政策協議をするなどし、13日までに立候補を取り下げるかどうか決断する考えだ。

 自民党と公明党は12日、増田氏の推薦を決めた。与党側は組織としての候補は一本化したが、小池氏は対決姿勢を強めており、17年ぶりの保守分裂となる。

 都知事が2代続けて「政治とカネ」をめぐる問題で任期途中で辞職したことに伴う今回の選挙は、「知事の資質」が問われる。4年後の東京五輪・パラリンピックの費用負担問題や待機児童の解消なども争点の一つだ。
======================================
サイト主、かいけつ(怪傑)コメント

 宇都宮健児氏の子分が、慰安婦問題の仕掛け人と言われる元社民党代表で、弁護士の福島瑞穂や、国連で「慰安婦は性奴隷」だという説を捏造、振り撒き続けている戸塚悦郎弁護士だろう。マスコミとくに、朝日新聞のの宣伝工作に乗り、こんな売●●を都知事にしたら、舛添要一以上の酷い都政になるのは、間違いないだろうね。(鳥越氏もこういう状況じゃね)
宇都宮健児氏はまあ抜け抜けと良く都知事なんかに立候補できたものだね。産経も含めて、大手マスコミ全部が隠蔽してるからこういうひどいことになるんだろうね。これで都知事候補2名には✖が付いたも同然だろうね。 あとは増田vs小池だろうが、サイト主は増田寄りです。





戻  る
<Asahiが扇動か?これはイカンね> 都知事選、構図ほぼ固まる 宇都宮氏、鳥越氏と協議へ
NEWSソース  朝日新聞
2016/07/12  より