「強制性」の言及はなかったが…「金銭」や「謝罪」求める 国連女子差別撤廃委員会の最終見解

国連女子差別撤廃委員会は7日、慰安婦問題を含む日本に関する最終見解を発表した。この中で、慰安婦募集の「強制性」に言及せず、「性奴隷」の表現も使用しなかった。しかし、慰安婦に関して発言する日本の政治家が増えているとして、「指導者や政治家」が元慰安婦を傷つけるような発言をしないよう勧告。また、昨年末の日韓両政府の合意を「被害者を中心に据えたアプローチを採用していない」と批判し、元慰安婦への金銭賠償や公式謝罪を含む「完全かつ効果的な賠償」を行うよう求めた。

 日本政府は2月16日の対日審査にあたり、、政府代表として外務省の杉山晋輔外務審議官を同委員会に派遣。杉山氏は慰安婦問題について初めて国連の場で事実関係を口頭で包括的に説明していた。

最終見解では、「慰安婦問題が第二次大戦中に締約国(日本)の軍隊により遂行された深刻な人権侵害であり被害者に影響を与え続けていると考える」と指摘。日韓合意に「留意する」とした上で、「合意を履行する際、被害者の立場に正当な考慮を払い、彼女たちの真実・正義・賠償への権利を確保する」よう勧告した。また、慰安婦問題を教科書に記述し「歴史的事実が客観的に学生や一般の人々に提供されるようにすること」を求めた。

 最終見解に関し、日本政府関係者は「杉山氏が行った事実関係の説明が全く考慮されていらず、受け入れられない。日韓合意への批判も的外れだ」と述べた。



サイト主 かいけつの意見
国連人権委員会は、慰安婦の人権問題で日本で報道する限りでは、大戦中の日本軍の慰安婦制度ばかり標的にしているようだが、日本の自由な慰安婦制度とは比較にならないほど、酷いこと(韓国が日本に対して当て付けている慰安婦問題そのままのことを、朝鮮戦争当時やベトナム戦争行っていたようだ)を行っていた韓国を、慰安婦の人権問題では審査の対象にすべきだろう。特に、ベトナム戦争当時は、婦女子の手足や首の切断虐殺など、これ以上酷い虐殺がベトナムで行われていたのは明白なので、国連人権委員会の的外れな審査にはほとほと呆れてしまう。
こんな酷い審査を続けるなら、国連人権委員会は解体して出直すべきだろう。
日本の左翼や中・韓の反日団体に毒された国連女子差別撤廃委員会の慰安婦問題への最終見解
「強制性」の言及はなかったが…「金銭」や「謝罪」求める日本への一方的で的外れな見解


人権委員会がその標的にしたいのなら、それにふさわしい南北の朝鮮や中国やロシアを標的にすべきだろう。
 
NEWSソース  産経新聞
2016/03/07 より