インド地場メーカーが17日、251ルピー(約420円)のスマートフォンを発売すると発表した。タバコやスターバックスのコーヒーとほぼ
同じ価格帯で、地元メディアによると世界最安となる。

 モディ首相は貧困削減や人材育成のために、ITを活用する方針で、その戦略に沿った製品とみられる。現地ではタバコ1箱が200
ルピー程度で売られている。

 昨年設立されたばかりの地場ベンチャー企業「リンギング・ベルズ」が手掛け、18日に予約を開始。

 スマホは基本ソフト(OS)にアンドロイドを採用し、画面は4インチ。3G通信に対応している。記憶容量は8ギガバイトあり、内蔵して
いるカメラは320万画素。(共同)

インドで420円スマホ発売 タバコやスタバ並み、世界最安 
記事 ソース  産経新聞
2016/02/18   より