戻  る
Newsindex4 ニ ッ ポ ン & 世 界 の ニュース よ も や ま ば な し ・スペシャル -1  内容
 
2017/09/19  |  JIJI.COM  |      北朝鮮への圧力最大化=制裁厳格履行の方針確認-米中首脳が電話会談



北朝鮮への圧力最大化=制裁厳格履行の方針確認-米中首脳

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091900020&g=int

ニューヨーク、北京時事】トランプ米大統領は18日、中国の習近平国家主席と電話で会談し、核・ミサイル開発を進め挑発を続ける北朝鮮への対応について協議した。ホワイトハウスによると、両首脳は国連安全保障理事会で採択した制裁決議の厳格な履行を通じ、北朝鮮に最大限の圧力をかけていく方針で一致した。

対北朝鮮、多くの軍事的選択肢=ソウルの危険避ける作戦も-米国防長官

 トランプ氏は同日夜、中南米諸国首脳らとの夕食会で、習氏との電話会談について「長時間、とてもいい話をした」と表明。「われわれの関係は非常にいい。すばらしい進展を遂げていると思う」と良好な米中関係をアピールした。
 北朝鮮をめぐっては、ティラーソン米国務長官が先に、CBSテレビのインタビューで「外交努力が失敗に終われば、残るのは軍事的選択肢だけになる」と警告。米政権内では、決議採択後も弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮へのいら立ちが募っている。
 米中首脳の電話会談は8月以降3回目。北朝鮮による核実験を受けて今月6日に行われた電話会談後、トランプ氏は「(北朝鮮問題で)習主席は何かをしたいと思っている」と発言し、中国はその後の安保理決議採決で賛成に回った。
 中国外務省によると、習氏は18日の電話会談で「中米両国は広範な共同利益を有しており、現在の各分野の協力関係は良好だ」との認識を示した。
 習氏はさらに、11月に予定されるトランプ氏の訪中を重視していると伝え、トランプ氏は訪中を通じ両国関係が大きく前進するよう願うと述べた。習氏は米国のハリケーン被害への見舞いの言葉も伝えた。 (2017/09/19-09:43)

Tweet