Tweet 
戻  る
かつてはみんなのNHKとまで自称した事件が多すぎるNHKと職員の犯罪歴   内容
  2017/02/23        産経ニュース(1/20)                   NHK、着服とタクシー券不正で21人処分 調査開始直後自殺の職員に退職金支給へ
 


NHK、着服とタクシー券不正で21人処分 調査開始直後自殺の職員に退職金支給へ
http://www.sankei.com/entertainments/news/170120/ent1701200019-n1.html






NHK横浜放送局職員の受信料着服と福島放送局記者によるタクシー券不正使用が発覚した問題で、NHKは20日、本人や上司ら21人に対する停職や出勤停止などの処分を決めた。

 NHKによると、横浜局の40代の男性職員は平成27年5月~28年8月、11回にわたり、約51万円を着服。既に解約している同姓の人物が受信料の払い戻しを請求したように装い、職員の口座に振り込ませていた。

 職員は大筋で着服を認め、関係者によると、調査開始直後の昨年10月に自殺したという。NHKは職員に退職金を支給し、遺族に着服分の弁済を求める方針。問題を受け、NHKは過去2年で受信料を返金した約190万件を今月末までに調査するとしている。

 NHKは「職員が死亡し、調査に慎重を期していた」と説明。総務省が公表の遅れを指摘したことについては「真摯に受け止めたい。とりわけ公金に対する不正には厳格に対応していきたい」としている。

 一方、タクシー券の不正使用や勤務手当の不正受給をしていた福島局の20代の男性記者は停職2カ月の懲戒処分に決まった。不正使用・受給総額は約24万円。NHKは今月、改めてタクシー券の使用実態について全国調査したが、新たな不正は確認されなかった。











  2017/02/06         YOMIURIONLINE                               NHK記者、強姦致傷と住居侵入の疑いで逮捕



NHK記者、強姦致傷と住居侵入の疑いで逮捕
 

山形県警山形署は6日、同県酒田市本町、NHK記者弦本つるもと康孝容疑者(28)を強姦ごうかん致傷と住居侵入の疑いで逮捕した。

 発表によると、弦本容疑者は昨年2月23日午前5時頃、同県内の20歳代女性宅に侵入し、この女性に乱暴して2週間のけがをさせた疑い。同署幹部によると、容疑については「わからない」と否認している。女性は「(弦本容疑者との)面識はない」と話しているという。

 NHKによると、弦本容疑者は2015年7月に山形放送局に赴任し、昨年7月からは同局酒田報道室で勤務。事件当日は休みだったという。NHK広報局は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、視聴者や関係者に深くおわびいたします。事実関係を調べたうえで、厳しく対処します」とのコメントを出した。

2017年02月06日 13時05分











  2017/01/12          産経ニュース                           総務省、NHKを厳重注意 横浜放送局の着服 事件非公表も問題視



総務省、NHKを厳重注意 横浜放送局の着服 事件非公表も問題視



    NHK放送センター=東京都渋谷区(鈴木健児撮影)


NHK横浜放送局の職員が受信料を着服していた問題で、総務省は12日、NHKを厳重注意(行政指導)した。着服の発生自体だけでなく、NHKが昨年10月に問題を把握しながら公表しなかったことも問題視。事件の原因と経緯、業務の実施・チェック体制を同省に報告するほか、今月末までに再発防止策を出すように求めた。








日 付
記事及びニュースソース
記事&ニュースタイトル及び内容(タイトルは元記事から変更する場合もあります)
文字のレイアウト崩れを無くすには、Firefoxか、internet Explolerをお使いください